女子のモテ技、上目遣いが上手に出来たらいいですよね。

男の子をドキっとさせる視線のつくり方を伝授します!

彼を虜にさせちゃいましょう!

 

 

 

嫌いな男子はいない!おめめキッス

上目遣い

女の子の特権、上目遣い。

これは男の子からみれば、キスをされているくらいドキっとさせる仕草なんだとか。

これを“おめめキス”という人もいるとか。

 

愛情を伝えることができる

色気を帯びた視線は男の子はたまらないのですw

 

あるアンケートで、上目遣いのテクニックがあるかを調査してみると…

38,3%の人が『ある』と答えました!

 

そのテクニックを聞いてみると…

・キスして欲しいときに相手の眼と唇を交互に見ながら上目遣い!

最初は「ん?」ってジーって見てくるけど大抵察してキスしてくれます

 

・奥二重なので上目遣いすると目がぱっちり!

袖やシーツで口元を隠すのがお気に入りです!

 

・帰り際とかにくるっと振り向いて正面から彼に抱きつき、

上目づかいで見ると必ずキスしてくれます

 

こんな風に自然と上目遣いができるようになるといいですよね。

 

今回は、色々なシーンで使える

“おめめキッス”のやり方を伝授しちゃいます!

 

これでデートは更に盛り上がる事間違いなし!

 

 

 

“おめめキッス”で色気

上目遣い

【電車やバスで、何度もチラ見でドキっ】

ちょっと混みあった電車やバス。

席に座れず、ふたりとも立っている状況になった時、おめめキッスのチャンス!

会話が途切れたときなどを狙って目線を送ってみましょう。

身長差があるのであれば、そのまま上を向くようにすればOK。

もし身長差がなければ、壁などにもたれかかって足を斜めに出し、少し背が低くなるようにしてから、目線を送る。

チラッとみて目が合ったら、恥ずかしそうに目をそらし、

何度か目線を送ってみて!

これだけで彼はメロメろですw

 

【下から見上げるおめめキッス】

一緒におでかけする時靴をはくとき、

飲食店で座敷席から出るとき、

靴ひもを結び直すとき、

彼が立っていて、あなたがしゃがんでいるシーンがあれば、

下から彼を見上げるだけでOK!

しゃがむという行為を混ぜれば、自然に上を向く形となり、

目線を送りやすいんです。

さらに下から見上げられるという行為で、服従心を持っているかのようにも見せることができます。

こういったシーンは絶対逃さないで!

話しながらでもいいし、会話が途切れた時は、彼のほう見て目が合ったら少し口を開けて

「へっ?」とキョトンとした顔を作ってみてください!

 

【キスの前に見つめる時間をつくって】

男の子がドキっとするのは、上目遣いだけではないんです。

キスの前に顔の近くで見つめる時間を作るだけで、

じらされている感じがしてたまらないのだとか

近すぎて顔が見えないということでは意味がないので、

ぎりぎりまで顔を寄せ、見つめるだけ。

それだけで自然と気持ちも盛り上がってくるはず。

はじめてのキスの際は、この見つめる時間が長いと戸惑ってしまう男性もいるので、

このテクは何度かキスをした後がいいですね。

慣れない場合には、キスの途中で一度顔を離して、見つめる時間を作ってみて。

 

 

上目遣い・見つめる、といった事が

恥ずかしかったり、なかなか勇気が出ないという人もいると思うので、

まずはトロンとした目線を送ってみる、

瞬きをゆっくりしてみるだけでも効果大!!

春は恋の季節ですw

是非使ってみてくださいね。

 

おすすめの記事