スマホ市場が伸び悩んでいるそうです。

単刀直入に言うと、マホが売れていないんですよね。

日本ではすでにそうだし、

ですから、今に始まったことではないのですけど…。

リンゴが腐りかけている!?

これ、アップルのことです。

iPhone売れてないんですよ。

アップルは今年に入ってすぐの1月2日に業績を下方修正しています。

新年になって浮かれ気分のときに冷や水浴びせるなよ…

これがどれだけ衝撃的なのかっていうと、

iPhoneて2007年に発売開始して以来

ずっと下方修正なしで右肩上がりの業績アップだったんですよ。

下方修正でも売れてりゃいいんでは?

て話でもないんですよ。

こういうのっていろいろなところに波及しますからね。

もっとも現行のiPhoneXSって価格がバカ高いです。

10万円超えどころか15万円も超えるようなスマホを

誰が買うのか…て言いたいです。

ちなみにXSって、テンエスって読みます。

ラテン文字と英文字を重ねるなよ…

と、言いたいですね…ややこしい

話がそれましたね。

1月29日に発表した、2018年10月ー12月の売上高は

843億ドルだそうです。

ピンときませんが、前年同期比で比べると、

4.5%の減益なんですよ。

そのくらい日本のメーカーなら普通では?

なんて思いますけど、アップルの場合は種類が少ないですからね。

単純にiPhoneが売れていないというのが鮮明なんですよ。

これがアップルの弱点という人もいるくらいです。

スマホ全体ではどうなの?

View this post on Instagram

 

#japan#tax#8%→10%#bad#貿易戦争#世界大不況

日本男子さん(@senkaku21)がシェアした投稿 -


iPhoneの売り上げが急ブレーキというのはわかったけど

Android陣営はどうなの?ということですよ。

サムスンなんか売れてそうだし…。

バッテリー爆発なんて話もあったけど

Galaxyは普通に売れてるのでは?

なんて、思いがちですけどね。

サムスンもやばいんですよ。

じゃあ、中国は?

というか、中国が元凶ですね。

米中貿易戦争の影響をもろに受けているのと、

高度成長って言われてる中国経済はすでに減速して

去年はマイナス成長だったんでは?

なんて話もあります。

中国って何でも裏操作しそうですからね。

経済統計って信用できないんですよ。

で、東アジアばかり言ってないで、

欧州はどうなの?ってことですが

欧州も似たようなものです。

世界で売れてるのは、iPhoneかGalaxyか中国製品かってくらいですからね。

本当のところはどうなの?

iPhoneが売れないとか、Galaxyってだめよね。

中国どうなっちゃうの?

なんて話になると、スマホもオワコンか…

なんて話になります。

でも、スマホのない生活って考えられないですよね。

スマホの性能も行き着くところまで行ったんじゃないかなって

そんな感じですね。

iPhoneに限っては、狂信的なアップルユーザー多いんですけど

そんなユーザーは毎年新しいiPhone買いそうですけどね。

ほとんどのユーザーはバカ高いiPhone買えないよ…。

スマホは長期保有に向かっているのは

誰もがわかっていることですし、

バッテリーの持ちもよくなってますからね。

ネットの反応

そもそも10万以上もするものを短期で買い換えるって感覚がおかしい

スマホの買換え経験あるが、もったいないと思うようになってきた

スマホの性能も頭打ちだよね

これって車の世界とよく似てるなって思うんですよ。

必要なら買うし、必要なかったら買わない…

それだけの話のような気がします。

おすすめの記事