おいしいコーヒーはブラックで飲もう!カロリー抑えられるよ!

私たちの生活には深い繋がりがあるコーヒーですが、

コーヒーにカロリーってあるのでしょうか?

コーヒーってジュースみたいに飲みすぎて太ってしまうイメージはありませんよね。

コーヒーの種類とカロリー

長い文章で説明するのも分かりにくいので、一覧にしてみました。

カフェで飲める一覧

  • ブラックコーヒー= 8kcal
  • エスプレッソ※= 8kcal
  • コーヒー+牛乳= 40kcal
  • コーヒー+砂糖= 60kcal
  • コーヒー+牛乳+砂糖= 86kcal
  • カフェオレ= 75kcal
  • コーヒーフロート= 160kcal

市販の缶コーヒー

  • 砂糖入り缶コーヒー= 70kcal
  • 微糖缶コーヒー= 30kcal
  • ブラック缶コーヒー= 0kcal

比較用のドリンク

  • カルピス= 92kcal
  • ココア= 500kcal
  • 炭酸飲料= 70kcal
  • スポーツドリンク= 70kcal
  • お茶= 0kcal

200ml(コップ1杯分)で計算。 ※エスプレッソのみ32ml(1杯分)で計算。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ブラックコーヒーはカロリーゼロ

やはりブラックで飲むとコーヒーにはカロリーはほとんどありません。

もちろん商品によってカロリーの変動はありますが、だいたいこんな感じです。

他のドリンクと比べてもブラックコーヒーのカロリーが低いっていうのが一目で分かりますね。

お茶とほぼ同じです。

カロリーを低めで抑えておきたい方はブラックコーヒーで飲むのがオススメですね。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ブラックコーヒーの「0kcal」表記について

よくブラックコーヒーには「0kcal」と書かれているものがあります。

0kcalって何でしょうか?水ってこと?

カフェの200mlのブラックコーヒーが8kcalと紹介しましたが、嘘を言っている訳ではありません。

日本の食品表示基準では『100mlで5kcal以下のものは0kcalと表示していい』となっているのです。

なのでラベルに0kcalと書かれていても、少なからずカロリーは含まれているということです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ダイエットの時はブラックコーヒーで

ブラックコーヒーのカロリーは1杯4kcalです。

他のドリンクと比べてもカロリーは低い方でダイエットにも効果的です。

ジュースなんかは飲み過ぎると太るって言われてますし、高カロリーということも分かりました。

ただコーヒーと言ってもミルクや砂糖と言ったものを追加していると、カロリーはジュースと同じぐらい高くなるので気をつけてください。

ダイエット中ならブラックコーヒーがオススメです!

おすすめの記事