知ってた?パンツは1年で捨てたほうがいい説!

パンツと言っても下着のパンツです。

パンツはどのくらいはいてますか?

はけなくなるまで…という人は多いでしょう。

意外といつまで長持ちしてるかわからないですよね。

このパンツは1年で捨てたほうがいいようなんですよ
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

マツコ・デラックスはパンツは1年で取り換える発言!

2月11日に放送された「月曜から夜ふかし」で、

パンツは1年で捨てたほうがいい件について関ジャニの村上信五に語っていました。

それにはいろいろ理由があるようですが、

マツコは番組の中で

1年はくと生地が薄くなる…ということを説明していました。

それには、村上信五も「消耗品やもんな」と納得していた様子でした。

しかし、もっと他に深刻な理由があったんです。

パンツを1年で取り換えた方がいい驚愕の理由!

パンツを1年で捨てたほうがいい理由は、

「感染症のリスクを減らすため」なんですよ。

パンツは、長く使ってると大腸菌やイエダニが繁殖しやすいんです。

それが泌尿器の感染症やアレルギー反応につながる可能性があるということですね。
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

履いた後は洗ってるけど…

View this post on Instagram

洗濯機分解クリーニングの必要性について! 最近では抗菌や防臭をうたう洗剤も多い。そのため、水と洗剤で洗われる洗濯槽もキレイと思われがちだ。しかしイギリスの衛生学の専門家アッカリー博士によると、キレイに見える洗濯槽は、実は雑菌が繁殖するのに最適な場所なのだそうだ。いくら洗剤の爽やかな香りがしていても関係ないというのだ。 実際に洗濯機の中にはどれだけ雑菌が潜んでいるのだろうか。一般的に特に手入れのしていない洗濯槽の水の場合、たった大さじ2杯分で100万のバクテリアがいるという調査結果もある。 カビやワカメ汚れに目がいきがちですが洗濯槽内には大腸菌やレジオネラ菌が大量に発生しています。ということは、その水で洗濯すれば洗濯物に雑菌が付いてしまう……。残念なことに、これでは何度洗濯しても洗濯物がキレイにはなりません。 2年に一度は最低洗濯機分解クリーニングをしましょう! #美装洗戦 #洗濯機分解クリーニング #ドラム式洗濯機分解クリーニング対応 #レジオネラ菌 #大腸菌 #洗濯槽は排水口レベルの汚れと悪菌

美装洗戦 山本章さん(@bisousennsen2018)がシェアした投稿 -


確かにそうなんですが、洗うにしても60度のお湯で洗わなくちゃいけないらしんですよ。

普通の水や残り湯で洗っていても大腸菌やイエダニって死なないらしいのです。

まあ、60度以上のお湯で洗う人は少ないっていうかいないでしょうからね。

取り換えなくちゃいけないのはパンツだけじゃない!

取り換えなくちゃいけないのはパンツだけじゃないんですよ。

それにまずは洗うということを考えると

パジャマは3日に1度、シーツも1週間に1度は洗うべきってことですけど…。

普通の人ってこんな感じで洗ってるのかな?

パンツは1年で履き替えるとなると、毎年パンツを買ってることになるのですけど

意外とこういうのって女性なんかはやってそうですけどね。

男性はどうかなって考えると破れるかどうかなるまではき続ける人が多いんじゃないでしょうか。

このパンツって5年くらいはいてるけど…

ブランド物の良いパンツってゴムも伸びないし長持ちしますからね。
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの反応

意外とパンツって長持ちしてるわ

勝負パンツ以外はどうでもいいって感じだよ

誰に見せるわけでもないしね

ある権威ある調査結果でも、

ほとんどの人の洗い立てのパンツでも最大で

1万匹のバクテリアが住みついてるらしい…

これじゃ股間が痒くなったりどうかするのもわかるような気がしますね…。

おすすめの記事