元オリックス選手の奥浪鏡が逮捕されました。

詐欺と窃盗の容疑がかけられています。

奥浪鏡は容疑を否認しているようです。

奥浪鏡のプロフィール

奥浪鏡は1995年8月29日生まれの現在23歳です。

創志学園高校在学当時は、対外試合で通算71本塁打を記録し、「岡山の李大浩」とも呼ばれていました。

2013年のNPBプロ野球ドラフト会議でオリックスから6巡目め指名され、入団しました。

2014年にはウエスタンリーグの公式戦で84試合に出場し、チーム最多の7本塁打を記録しました。

同年、フレッシュオールスターゲームではウ・リーグ選抜チームで先発出場し、4打数2安打2打点1本塁打という成績を残したため優秀選手賞を受賞しています。

2016年には一軍公式戦にスタメンで出場するなどと活躍していました。

2017年は一軍公式戦への出場はありませんでした。

同年のシーズン中に自家用車を運転していたところ、スピード違反で摘発され、30日間の運転免許停止処分を受けました。

この事を球団に報告せず、処分期間中にも関わらず自家用車を運転し、その際に2人乗りのオートバイと接触し、乗員2人に軽傷を負わせました。

事態を重く見たオリックス球団は、奥浪鏡に無期限の謹慎処分を科すと発表しました。

オリックス球団はシーズン終了後の戦力外通告を予定していたが、「早く地元の広島で次の進路への準備に入りたい」という奥浪鏡の意向を受け、2017年8月3日付で選手契約を解除しました。

奥浪鏡が逮捕!!

プロ野球オリックスの元選手である奥浪鏡が詐欺と窃盗の疑いで逮捕されていたことがわかりました。

奥浪鏡は、警察官を名乗って80歳の男性からキャッシュカードと現金をだまし取ったといいます。

昨年7月に80歳の男性に警察官を装って電話し、「キャッシュカードが犯罪に関連している。警察官が家に行くのでカードを渡してください」などと言い、キャッシュカード2枚を騙し取ったとされています。

尼崎市内や大阪市内のATMで8回にわたり、現金を合計200万円ほど引き出した疑いがあります。

捜査関係者は、同じ事件の実行犯と思われる人物が「詐欺の仕事は奥浪から紹介された」と供述したことから奥浪鏡が浮上したといいます。

奥浪鏡は実行犯ではなく、詐欺グループの指示役の可能性があるとされています。

容疑については「キャッシュカードをだまし取っていないし、お金を引き出したこともしらない」と供述し、否認しているといいます。

過去にも逮捕歴が!?

2017年のシーズン中に運転免許停止処分期間中にも関わらず、自家用車を運転し、起こした事故により自動車運転処罰法違反の容疑で書類送検されました。

2018年5月には懲役8年・執行猶予3年の有罪判決が下されています。

執行猶予中の2019年3月には女子高生に現金4万円を渡す約束をして、淫らな行為をしたことで、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕され、起訴されています。

ネット上の反応

ネット上では違う意味での「三冠王」という意見が多く見られました。

力のある選手として期待されていたにも関わらず、残念な結果となってしまいましたね…

これからは前科三犯として知られることになるでしょう…

おすすめの記事