日本サッカー協会は6日、カタールW杯アジア2次予選キルギス戦(14日・ビシュケク)、国際親善試合ベネズエラ戦(19日・パナスタ)に臨むメンバー23人を発表しました。

そこでチームを3分割したことが異例の対応として注目されています。

3分割されたA代表

キルギス戦後に一部の海外組9人が離脱し、ベネズエラ戦に向けて新たに国内組9人が加わる異例のチーム構成で2試合合計で31人を招集。また、東京五輪世代のU―22代表コロンビア戦(17日・Eスタ)と合わせ、森保一監督(51)は6日間で3会場54人を招集しています。

・A代表にこれまで選ばれていたオリンピック世代の選手はコロンビア戦を優先。

・キルギス戦を終えてチームの主力選手として活躍しているヨーロッパ組9人は、ベネズエラ戦が行われる日本よりヨーロッパに近いキルギスでチームを離脱して所属クラブに戻ります。

・ベネズエラ戦は、これまで起用する機会が少なかったサブメンバーと国内組で底上げを図る試合となります

というわけで

・キルギス戦はオリンピック世代を抜いたベストメンバー

・ベネズエラ戦はキルギス戦後に離脱する9人を除いたサブ主体のメンバー

・コロンビア戦は東京オリンピック世代の現時点のベストメンバー

と3つのチームにA代表が分かれる異例の招集方法となりました。

これは森保監督がA代表とオリンピック代表を兼任しているため起こるイレギュラーな選出で、兼任しているからこそ柔軟なチーム作りが出来るともいえますし、どっちつかずになってしまうともいえます。

招集メンバー

11月14日キルギス戦のメンバー

 川島永嗣(ストラスブール)

 権田修一(ポルティモネンセ)

  • シュミットダニエル(シントトロイデン)

 DF

  • 長友佑都(ガラタサライ)
  • 吉田麻也(サウサンプトン)
  • 酒井宏樹(マルセイユ)

 植田直通(セルクル・ブリュージュ)

  • 安西幸輝(ポルティモネンセ)

 畠中槙之輔(横浜M)

 室屋成(FC東京)

 佐々木翔(広島)

 ▼MF

 山口蛍(神戸)

 原口元気(ハノーバー)

 柴崎岳(デポルティボ)

  • 遠藤航(シュツットガルト)
  • 伊東純也(ゲンク)

 橋本拳人(FC東京)

 中島翔哉(ポルト)

  • 南野拓実(ザルツブルク)

 浅野拓磨(パルチザン)

  • 鎌田大地(フランクフルト)

 ▼FW

 永井謙佑(FC東京)

 鈴木武蔵(札幌)

  • はキルギス戦後に所属クラブに帰国。

まず東京オリンピック世代は17日コロンビア戦を優先させたので冨安健洋選手は怪我ですが、堂安律選手、久保建英選手、板倉滉選手は外れました。

また、エース大迫勇也選手も怪我の状況を考慮して招集は見送り。ですが直近のリーグ戦の試合ではフル出場していました。

試合をこのあたりは東京オリンピックに出場を所属クラブのブレーメンに認めさせるために先に恩を売ったのかなと勘ぐってしまいますね。

代わりに前回の試合から代わって入った選手は佐々木翔選手、室屋成選手、山口蛍選手、鈴木武蔵選手。

不安材料は堂安律選手、久保建英選手が抜けた右サイドハーフが伊東純也選手しかいないところ。

キルギスのFIFAランク94位ですが、2次予選で日本に次いで2位。

侮れない相手に対してのアウェーゲームで油断は禁物。

この試合で敗れると最終予選進出に黄色信号が灯る試合です。

国際親善試合ベネズエラ戦(19日・パナスタ)に向けたメンバー

キルギス戦後に所属クラブに戻る9人の代わりに招集されたのは古橋亨梧選手(ヴィッセル神戸)、オナイウ阿道選手(大分トリニータ)、井手口陽介選手(ガンバ大阪)、進藤亮佑選手(コンサドーレ札幌)、荒木隼人選手(サンフレッチェ広島)、車屋紳太郎選手(川崎フロンターレ)、三浦弦太選手(ガンバ大阪)、中村航輔選手(柏レイソル)、大島僚太選手(川崎フロンターレ)。

森保監督は

「限られた代表活動の中で、新たな選手を見たり戦術を指示する機会が今後出てくるのかなと」

とコメントしています。

ベネズエラ代表は昨年の対戦では1-1で引き分け、FIFAランキングは26位で28位の日本とは同格の相手といえるでしょう。

9人が追加招集で森保JAPANで5人が初招集となっています。

東京オリンピック世代のコロンビア戦(17日)のメンバー

大迫 敬介(サンフレッチェ広島)

谷 晃生(ガンバ大阪)

板倉 滉(フローニンゲン)

町田 浩樹(鹿島アントラーズ)

岩田 智輝(大分トリニータ)

原 輝綺(サガン鳥栖)

立田 悠悟(清水エスパルス)

渡辺 剛(FC東京)

中山 雄太(柏レイソル)

三好 康児(アントワーブ)

堂安 律(PSVアイントフォーヘン)

遠藤 渓太(横浜Fマリノス)

食野 亮太郎(ハーツ)

菅原 由勢(AZ)

久保 建英(マジョルカ)

菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)

橋岡 大樹(浦和レッズ)

田中 碧(川崎フロンターレ)

田中 駿汰(大阪体育大学)

小川 航基(ジュビロ磐田)

前田 大然(マリティモ)

上田 綺世(鹿島アントラーズ)

冨安健洋選手は怪我で不在ですが、それ以外は現時点のベストメンバーに近いメンバーが集まりました。

いよいよ東京オリンピックに向けて本気モードですね。

コロンビアも強敵ですし、この試合も注目です。

ネットの声

森保監督が今回選んだメンバーでテレビ局やスポンサーが怒っている状態だけど、
テレビ局が普段からJリーグや海外日本人選手の報道をしておけばいいんじゃね?
森保監督の「選手ファースト」の姿勢はあるし、選手の所属先と最近摩擦や軋轢が起きていることも理解してもらわないと…

伊藤と浅野、永井とスピード系は裏に抜けるのは早いですが、久保、乾、宇佐美等受けて崩すオプションが森保監督にないのかな?と疑問に思います
お互い山雅サポとしては前田大然が早く国内で行われるA代表の試合に呼ばれてほしいですね笑

おすすめの記事