マー君破格のファンクラブ10人限定「1日で3600万円」

田中将大「1日で3600万」、妻・里田まい「1本2500万」!夫婦のタマゲた稼ぎ

日本に帰ってきて早々、おそるべきタレントパワーが明らかになりました。

メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキーズを去り、今年から古巣である東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰した田中将大投手が2月25日、わずかな時間で、とんでもないことをなしとげたというのです。

マー君クラブVIP

「楽天が、25日に球団公式ファンクラブ『マー君クラブ』の会員募集をWEBサイトで行ったところ、10名限定の年会費180万円の『マー君クラブVIP』が受付開始から14分で完売したと明かしたんです。180万×10人で、1800万円ということですね。
さらに言うと、1000名限定の年会費1万8000円コースも、約4時間で完売。こちらも計1800万円。合計して、1日で3600万円もの金額を稼いだことになりますね。マー君人気は言わずもがなですが、ここまでとは……。いちばん驚いているのは、関係者でしょうね」(スポーツ紙記者)

同日、『デイリースポーツ』の取材に対してファンクラブの担当者は、

「VIP(コース)の180万円は正直勇気がいる値付けでした。田中選手はそれだけのバリューに値すると球団が信じて商品設計をし発表したものの、「高い」という反応が多かったのも事実なので、多少の不安もありました。しかしながら、まさかのスピード完売で、びっくりしています」

とコメントしたほか、サービスの充実を約束していました。

https://twitter.com/nakasu_joy/status/1364942548062511107

東北の希望・マー君

ちなみに現段階で明かされている特典内容としては、

『マー君クラブVIP』…田中選手の直筆サイン入りプロモデルユニフォーム、プロモデルキャップといったグッズのほか、50万円相当の「1-Day Premium VIP Ticket」の招待券。

『マー君クラブ』…販売中のグッズとバージョン違いのMyHEROタオルや田中将大選手登板のホームゲーム勝利時に行う「マー君とオンラインわしほー集会」イベント参加権利など…。

と、充実した内容となっています。

「改めて、マー君人気の凄まじさがよく分かるニュースでしたね。今年で、東日本大震災から節目の10年を迎えますが、被災地訪問やチャリティ活動など復興支援を精力的に続ける田中が、楽天に復帰した理由として挙げたり、“キャリアの晩年ではなく『いいタイミングで(楽天で)バリバリと投げたいな』と”、楽天復帰の理由を語っていたのも大きいでしょう。東北にとっての希望の象徴ですから、シーズンが始まったあとは、さらに人気が再燃するでしょうね」(前出の記者)

夫の田中が注目を浴びる一方で、妻である里田まいにも、あらためてテレビと広告業界の注目が集まっているというのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

里田は2500万のオファー

「里田は「02年に『ハロー!プロジェクト』の『カントリー娘。』として芸能界デビューし、06年の『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で珍回答を連発するおバカキャラで大人気でしたが、12年に田中選手と結婚。
主婦業優先のため、芸能活動は事実上休止となっていますが、現在もインスタで子供や夫の田中と楽しく過ごしている様子を投稿したり、主婦層に人気の雑誌『LEE』(集英社)で『里田まいさんのANSWER FROM NY』という読者からの質問や悩みに答える連載を持ったりと、根強いファンがいます」(女性誌記者)

また、12年4月にジュニア・アスリートフードマイスターという資格を取得し、ブログにプロ顔負けの本格的な料理やレシピをよく掲載しています。

16年2月と19年6月にそれぞれ長女と長男を出産し、「あの田中選手を支える妻」というブランド力を合わせると、「育児」や「料理」といった主婦層をターゲットにするには、最高の逸材だといっていいでしょう。

「2月2日発売の『FLASH』(光文社)では、田中投手の日本球界復帰を受け、NHKや民放各局が一斉に里田に出演オファーを出したと報じています。広告代理店などは、年間契約料2500万円という条件で、里田とクライアントの両者に営業をかけていると報じていますね」(前同)

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

金銭面より、家族離れ離れが不安?

そんな里田は、最近では2月16日にインスタグラムで長男が5歳の誕生日を迎えたことを報告し、フォロワーからは「育ててないのに泣けてきた」「全てが同感できることばかりで涙が出てきました」「素敵なメッセージ」などと大盛況なのです。

「育ち盛りの5歳はママタレントをするには忙しいかもしれないし、出費も何かとかさむでしょうが、里田と田中選手の稼ぎなら、まったく心配はいらないでしょう。田中の推定年俸は9億円プラス出来高払いですからね。
“高給取りはその分だけ金遣いが荒い”というケースもありますが、田中夫婦の場合は14年の『赤と黒のゲキジョ―“性格ミエル研究所”』(フジテレビ系)で、“お金は使わない方”“物欲がない”“夫婦とも株や投資は嫌”としています。しっかりした金銭感覚があるとみて間違いないでしょう」(前出の女性誌記者)

現状、田中選手が危惧しているのは、里田と離れ離れになる可能性ではないか、という声もあります。

「先述の『FLASH』は、里田がスムーズに芸能活動するには、同じ楽天の涌井秀章投手(34)の妻でタレントの押切もえ(41)のように、里田と子どもは東京に残り、田中選手を仙台に“単身赴任”させる、という手段もある、と報じています。
3月2日号の『女性自身』(光文社)は、地元愛の強い田中選手と違い、里田は仙台にそこまで思い入れがなく、過去にブログで《仙台で暮らしていた二年間は友達一人も出来ませんでしたよ!》としていたことを報じています。もっとも、里田本人は育児を優先しているため、時間の融通が利くCM業以外は断っているそうですけどね」(前同)

ヤンキース時代は家族でセントラルパークを散歩するのが楽しみだと語り、家族との時間を大事にしている田中選手。

これからも日本で、夫婦2人で大活躍してほしいものです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「いいじゃん。NBAの一番下の席とかレギュラーシーズンでも100万するんだから。そういう人向けがあってもいい。」

「これだけ他球団のファンからも愛される選手って今の球界じゃ珍しい選手ですよね。
さすがです」

「景気のいい話でいいとは思う。ただ、成績が残せなかった時なんか大変そう、、、。まあ、田中投手なら大丈夫だと思うけど。」

10人限定よりも今後は増えそうですね。

おすすめの記事