日本の自衛隊哨戒機に向かって火器レーダーを照射した韓国船艇。

こここにきて言い訳を変える意味不明の事態に。

「自衛隊が先に威嚇してきた」ネットで批判殺到。

 

 

 

自衛隊哨戒機に火器レーダーが照射された件に進展 言い訳がすごいと話題に

 

 

日本の海上自衛隊の哨戒機に向かって、韓国の船艇が火器レーダーを照射した件。

 

今月22日に明らかになった段階では、哨戒機に数分間のレーダー照射があり

 

船艇側に確認をとったものの返答がなかったことから、騒動になっていました。

 

 

 

 

当初韓国側は

 

「哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用した事実はない

 

 

と説明するも直後には、海域で遭難していた北朝鮮の船艇を捜索していた際に火器レーダーを使用したと明かしました。

 

 

 

 

これでもかなり苦しい言い訳ですが、ここにきてさらに韓国側は主張を変更。

 

 

韓国

<出典:netgeek>

 

 

「日本の自衛隊哨戒機が捜索活動をしていた船艇に接近し、威嚇的だったためレーダーを照射した」と説明。

 

 

 

 

また当時の自衛隊が確認の連絡をしたにも関わらず返答をしなかった理由として

 

「通信感度が低く、ノイズで聞き取れなかった。日本の自衛隊が海洋警察を読んでいると解釈した」と説明。

 

 

 

 

韓国の朝鮮日報では事態を過剰反応していると報道するなど、認識に齟齬が生まれています。

 

 

河野太郎大臣「韓国政府一丸で対応を」

 

 

この件について河野太郎外務大臣もコメントを発表。

 

 

河野太郎

<出典:netgeek>

 

「日韓関係を前向きに進めるためにも政府一丸となった対応をお願いしたい」

 

韓国側の対応が十分でないとしています。

 

 

外務副大臣・佐藤正久もツイッターで「説明に納得できるはずもない!」と強く主張。

 

 

 

24日に韓国の外務省当局者が発表したところによれば、この火器レーダー照射問題に対し

 

「日本側が事実関係の明確な確認をしないまま自分たちの主張を行なっている」

 

 

と不満を表明するなど事態は平行線を辿っています。

 

 

ネットの反応

再発防止要求よりも制裁しないと。 いい加減抗議じゃなくて、行動起こしてくださいよ。

 

韓国軍による自衛隊に対する軍事行動です。 日本国政府中枢部の皆さんが、しっかり危機感を持って頂かないと自衛隊自衛官は標的になって終わります。

 

 

 

 

韓国側がいったい何の意図を持って火器レーダーを照射したのか。

日本憎しのため軽く考えての行為だとしたら、それはそれでおかしな話です。

日韓の間にある諸問題も含めて、日本のやられっぱなしという現状を変えなくてはならないと感じますね……。

韓国側は相変わらず口八丁で乗り切ろうとしていますが……。

おすすめの記事