元KARAのク・ハラが自殺未遂をしたことが報じられました。

発見時は意識不明だったが、命に別状はないといいます。

昨年には元交際相手を脅迫などの疑いで警察に告訴しています。

元KARAのク・ハラが自殺未遂・・・

26日未明に元KARAのメンバーで女優として活動するク・ハラが自殺を図り、病院に搬送されたことを韓国メディアが報じました。

病院に搬送された時に意識はなかったものの、呼吸や脈拍は正常であり、命に別状はないといいます。

ソウル市内の自宅で倒れているところをマネージャーに発見され、病院に搬送されました。

マネージャーは、自宅に1人でいるはずのク・ハラに数回連絡をしたものの、電話に出なかったため自宅に訪ねたといいます。

通報を受けた警察が出動したところ、自宅の中には煙を吸ったような痕跡があり、ク・ハラが自殺を図った可能性が高いとされました。

23日には「あなたの魂を幸せにしてくれることをする時間を取りましょう」と英語で書かれた画像を投稿しました。

この投稿をInstagramで見る

 

구하라さん(@koohara__)がシェアした投稿 -

24日には自身のインスタグラムでファッションブランド「GIORGIO ARMANI」のイベントに参加した際の写真を投稿していました。

自殺を図る前日にはSNSで「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」自殺をほのめかすような投稿がありました。

現在は23日以降の投稿は削除されています。

自殺未遂の原因は?

ク・ハラは昨年9月に元交際相手であるチェ・ジョンボムと殴り合う暴行事件がメディアに報道されました。

別れ話のもつれから殴り合いの喧嘩になり、チェ・ジョンボムは「性行為をする様子を収めた動画を世間に公開する」といい、ク・ハラを脅迫しました。

ク・ハラはチェ・ジョンボムから「お前の芸能人生を終わらせてやる」と脅迫されたことを主張していました。

事件が発覚したきっかけは、元交際相手が週刊誌に訴えたからだそうです。

その後、メディアの前に姿を現したク・ハラはアザだらけでした。

現在もこの事件は解決しておらず、元交際相手のチェ・ジョンボムとク・ハラの主張は食い違ったままです。

暴行事件発覚後は睡眠障害と消化不良のため病院で処方された薬を飲んだところ、調子が悪くなりソウル市内の大学病院で検査したこともありました。

正式な病名などは明かされていませんが、

うつ病などの精神疾患を患っていたのではないかと言われています。

ネット上での反応

ネット上では、自殺を図る前日のインスタグラムへの投稿に違和感を感じて心配する人が多くいたようです。

さらに、自殺未遂を知り驚きを隠せない人も多く、心配の声が多く見られました。

ク・ハラは2008年からアイドルグループ「KARA」のメンバーとして活動していました。

K-POPの代表的な女性グループとして人気を集め、NHK紅白歌合戦にも出場しました。

2016年にグループが事実上の解散となり、ク・ハラは日本でも「東京ガールズコレクション」に出演するなどの活動をしていました。

おすすめの記事