カジサックに悪い噂があるけど真相はどうなってるの?

ユーチューバーのカジサックこと、お笑いコンビ、キングコングの梶原雄太の身辺がまたまた騒がしくなっています。

発売中の「週刊女性」によると動画編集スタッフが今年に入ってから次々と辞めている…というのです。

原因は高いクオリティーを求める割にギャラが安いというもの。

辞めたスタッフの数人が雨上がり決死隊の宮迫博之の編集部隊に移籍しているというのですが…。

えみちゃんねる降板

梶原といえば「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)、「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)を降板。

関西のレギュラーはゼロになりました。

一度はお笑い界から消えた梶原を救った恩人、上沼恵美子もサジを投げたともっぱらの噂。

過去にも心を病んで失踪したこともあったようですが、

「気弱というより、わが道を行くタイプ。気配りとかはしないです」(テレビ制作会社)

ということですから、スタッフ受けは以前から良くなかったのでしょうか。

しかも、下っ端スタッフには態度を変えるという傲慢さも報じられています。

ユーチューバーはセルフ編集が一般的

ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言っています。

「契約状況も含め、どちらが正しいとも言い切れませんが、ギャラ問題は3月ぐらいから話題になっていて、ご自身の動画で否定していました。そもそも、編集を外部に頼むのは芸能人くらいで、友達に編集を依頼してケンカ別れした、なんてこともネタにするのがユーチューバーですからね」

3月に報じられた内容によると、カジサックのギャラは、

1割が所属事務所の吉本、9割が本人の懐に入るというもの。

梶原本人がスタッフのギャラを支払っているということです。

今回の記事では再生回数の多い回にはボーナスも出していたというのですが…。

割に合わない

「カジサックの動画は自宅メインだからスタッフも多くはないはず。そんな少人数クルーなのに人の扱いが雑では相当感じが悪い。登録者数200万人超えで収入も億超えているし、再生回数でどのくらいの収入になってるかも分かっているだけに、スタッフは割に合わないと思うのかもしれません。それにしても2回もギャラ問題が出るのは異常だし、宮迫さんのところは厚遇なんですかね」(動画クリエーター)

ネットの声

「まぁ金絡みの問題が出ても不思議じゃないよ。母親にマンションを買い与えて家賃扶助額含めた生活保護を受給させマンションのローンは梶原が払うと言う生活保護不正受給していたんだから。」

「えみちゃんねる降板の件も含め何が本当なのかは分からないけど、これだけ色々出てくるって事はそういう事なんだろうな。」

「前から疑問なんだけど、だれがカジサックをチャンネル登録してるの?みんな親戚とかじゃないの?漫才してた全盛期ですら「ハイテンポな漫才してる俺ら凄い」みたいな感じだったけど、内容はさほど面白くはなかった。失礼だけど人望があるようにも思えないし、誰が支持しているの?」

カジサックチャンネルは普通に面白いのですが、悪評が出ているのはどうして?というファンも少なくないでしょうね。

Twitterでお届けします

pick up