「宮殿からの脱出」が大不評!「ハリー&メーガン」シリーズの最新作

故ダイアナ元妃の “事故” 悪用 ヘンリー王子&メーガン妃の再現ドラマ「吐き気がする」と大不評

ヘンリー王子とメーガン妃の出会いから現在までをドラマ化した米テレビ映画「ハリー&メーガン」シリーズの最新作「宮殿からの脱出」が今週放送されました。

しかし、故ダイアナ元妃やウィリアム王子の描き方に視聴者の不満が相次ぎ、英国を中心にSNSでは「最低中の最低」「悪趣味」などと炎上しているのです。

ダイアナ妃の交通事故を再現!?

映画はパパラッチの猛追によりダイアナ元妃を死に追いやったパリでの自動車事故をあたかも忠実に再現したかのような衝撃シーンで始まります。

ところが大破した車中には元妃ではなく、ひん死状態のメーガン妃の姿が…。

つまりヘンリー王子の悪夢だったというオチなのです。

英紙デーリー・メール(電子版)によると、この冒頭シーンに「たとえドラマでもやっていいことと悪いことがある」「吐き気がする」など、ツイッターにはこの作品への猛批判が寄せられています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

人種差別問題も…

さらに、同映画は母親が黒人であるメーガン妃への王室内での人種差別にいら立ちを隠せないヘンリー王子が、人種差別への問題意識に欠ける兄・ウィリアム王子に詰め寄り口論するという場面も…。

同紙はウィリアム王子をまるで〝悪役〟のように描いていると指摘。

これにもSNSでは、「ウィリアム王子を一方的に差別主義的な人物に仕立てている」などと制作側に対する批判であふれています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

同シリーズは米ケーブル局ライフタイムが制作

1作目の「王室のロマンス」は2018年に、続く「ロイヤルになる」は19年にそれぞれ放送されました。

今回の「宮殿からの脱出」はヘンリー王子一家の王室離脱が中心に描かれています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「登場人物は実在でも内容は本当かどうか分からないドラマ。登場する人達全てに許可はとってるんでしょうか。ノンフィクションだと言うなら英王室の人達は訴えていいと思うしフィクションならほとんど観る価値もないドラマだと思う。」

「やっぱり、人の心が分からない認証欲求の強い人や、権威主義者や拝金主義者が王族や皇族に入ったら怖いという教訓。」

「本当に吐き気がする、悪趣味。アメリカに向けて、自分アピールをしてるだけにしか思えない。でもやること全部人が遠ざかっていくことばかり。冷たい風がメーガンに吹いているのを自身が感じているでしょうね。」

おすすめの記事