聖火ランナー辞退続出の中で「聖火ランナーやらせていただきます」藤森の男気

オリラジ藤森慎吾 「聖火ランナーやらせていただきます」「普通に考えて光栄です」に称賛の声。

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(37)が28日、自身のツイッターを更新し、「地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」とつづりました。

芸能人の辞退者続出

2月27日までに福島県内を走る予定だった俳優の斎藤工(39)と沖縄県内で予定していた女優の玉城ティナ(23)がランナーを辞退。

石川県内で予定していた常盤貴子(48)、大分県内で予定していたシンガー・ソングライターの阿部真央(31)も日程上の理由で辞退したことが明らかになっていて、著名人の“辞退ドミノ”が発生しています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

聖火ランナーやらせていただきます

藤森は「藤森、地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」と宣言。

「五輪のランナーって普通に考えて光栄です」と思いをつづり、「あと、美代子(母)さんと94歳のおばあちゃんが喜んでくれそうなので、走ります!!」とキッパリ。

続けて「諏訪市の田んぼ道を走れるといいな!密は避けましょう。ネットで見て!」と呼びかけました。

ハッシュタグでも「聖火ランナー」「ただ走りたい」「ボコらないでねww」と添えています。

おすすめの記事