チュート徳井…地上波復活したけど廃業の危機??

チュート徳井義実は次長課長・河本準一の二の舞か…地上波復活も「つまらない」で廃業のピンチ

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が絶体絶命のピンチに瀕しています。

テレビマンの間で芸人としての評価がすこぶる悪いのです。

面白くない!?

「ハッキリ言って、つまらないんですよ。謹慎前の輝きと言うか芸人としてのオーラが完全に消えてしまった。話も支離滅裂で滑りまくっている。現在の徳井の話芸を見て起用したいテレビマンは皆無と言ってもいいのでは」(放送作家)

昨年、東京国税局から1億2000万円という巨額の申告漏れや所得隠しを指摘され、芸能活動の休止を余儀なくされていた徳井。

当時13本あったレギュラー番組は完全消滅。

今年10月に約1年の謹慎期間を経てようやく「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で復帰を果たしました。

ところが、謹慎期間の間に徳井の話芸がすっかりさびついてしまったらしく、日テレのスタッフも頭を抱えていると言うのです。

「番組の世帯視聴率はなんとか以前の10~12%台をキープしているが、全てはフットボールアワーの後藤輝基がサポートし、指原莉乃のファンらが番組を見ているおかげです。そもそも後藤のツッコミやコメントがなかったら徳井の存在もかすんでしまうんです。スタッフも長い付き合いがあるので現在は我慢してみているがそろそろ限界に来ています」(事情通)

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

次長課長の河本の二の舞

多くのバラエティー番組を手がける売れっ子放送作家はこう指摘します。

「生活保護費不正受給問題で表舞台から消えた次長課長の河本準一を見ているようです。彼も謹慎後、復活したものの話芸にキレがなくなりGP帯では見なくなった。自信をなくしてしまうようですね。徳井もテレビに出ることで、いまだにバッシングやクレームが本人にも事務所にも、日テレやスポンサーにも多数寄せられている。何を言っても叩かれると思うと自分の言葉に自信を失ってしまうんです。それは迷いとなって当然、スタッフや視聴者にも伝わってしまう。結果、つまらない発想やあたりさわりのないコメントしか出てこなくなる」

椅子取りゲームから脱落も

現在、唯一のレギュラー番組である「今くら」サイドも現状の状態が続いた場合は降板を検討せざるを得ない状況にあるといいます。

「徳井の後釜はこう言ったら申し訳ないがいくらでもいる。そもそも生き馬の目を抜くのが芸能界です。皆、競争の中で必死に食っているんです。芸人がつまらなくなったら終わりです。冷たいと思われるかもしれませんが、だから普通のサラリーマンの10倍以上のギャラを手にしているわけです」(前出の事情通)

芸能界は椅子取りゲームという現実に気がついているのかどうか…。

https://twitter.com/Tgethym_lots/status/1246303589850472450

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「いなくなって分かることだけど徳井も渡部もいなくても誰も困らないし、芸能界は進んでいく。戻ってきた徳井も会見した渡部も全く面白くない芸人だったと知れ渡ってしまった。たけしさんが言ってたけど「渡部は腕が無い」と。謹慎前もお笑い芸人じゃなくただの司会者とコメンテーターと化していた。もうこの2人を見て笑う人はいないでしょう。ハッキリ言って渡部が切ろうとしていた児嶋の方が何倍も面白いですよ。」

「さびついたというのはちょっと違う気がする。自業自得ではあるんだが、笑いに繋がりやすい「過激な表現」「ふざけた態度」を極力抑えざるを得ないからだと思う。」

「つまらなくなったと言うより、世間を気にしているんだろう。ワイプで抜かれた顔も、笑顔は無く神妙な面持ちが多い。
以前のやり取りを、復活させれば、「反省してない」などの猛パッシングの心配がチラつくのだろう。
ノンスタ井上みたいな「鉄面皮」で行けるか?」

チュートリアルの漫才はおもしろいです。

テレビ復帰というよりも舞台から漫才を始めるという発想になってほしいですね。

おすすめの記事