爆笑問題田中裕二が脳梗塞で緊急入院。新型コロナ後遺症か?

お笑いコンビ爆笑問題田中裕二(56)が20日、頭痛のため東京都内の病院に救急搬送され、検査の結果、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され、入院したと同日夜、所属事務所「タイタン」が公式サイトで発表した。

すでに会話ができるまでに回復しており幸い大事には至らず、手術の必要性もなく、障害も残らない見通しとのことで、1週間程度入院。ただ、動脈解離が前大脳のため、大事を取って1カ月程度休養することが発表されています。

くも膜下出血は新型コロナ感染の後遺症?

事務所タイタンは、太田光代社長名義の「ご報告」とした文書を発表。

田中は同日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え、病院に救急車で搬送された。病院での処置により、大事に至ることはなかったが、検査の結果「前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞」と診断された。  田中の容態について「今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました」と報告。「しかし、動脈解離が前大脳であるために大事を取って1カ月程度休養させて頂くことと致します」

とした。

田中は昨年8月26日、新型コロナウイルス感染が判明して入院し、翌9月7日に退院。同月16日に仕事復帰していました。

新型コロナ後遺症の一つに血栓症があり、新型コロナ感染が結果的に血栓をできやすくしてくも膜下出血に至った可能性も否定できないでしょう。

脳動脈解離とは、若年者脳卒中の主要な原因の1つで、何らかの誘因で脳動脈壁内に出血し壁が裂けた状態である。その結果、出血性の症状を来します。冬の寒暖差が激しい時期に欠陥が収縮しやすくなり発症が多くなります。

また、田中裕二さんは喫煙者で長年の習慣や季節、新型コロナ感染の影響、仕事の疲れなど様々な要因が重なって起きたと思いますが、家族の迅速な対応によって治療が早かったため後遺症の心配はないそうです。

新型コロナの後遺症はどの程度続くのか今のところ分かっていませんが、今回のくも膜下出血のようなことが頻繁に起こるのであれば恐ろしいですね。実態の解明が待たれます。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

もえちゃんがいてくれてよかったよね
独身だったら倒れて見つけてくれる人がいないままって可能性もあったわけでしょ

コロナが血栓を誘発するという意見もある。コロナを楽観視しないことだ。特に私のような中年ポチャ男は・・・

大事に至らず本当に良かった。他の方の書き込みを見るとヘビースモーカーとの事ですが、もしそうならこれを機にご家族のためにも禁煙されたほうが良いですね。ゆっくり休養されて、また元気に今回のことを太田さんに突っ込まれる姿を楽しみにしています。

 

おすすめの記事