運転中のながらスマホによる交通事故が後を絶ちません。

それを受け、2019年12月1日に改正道路交通法が施行されることになりました

ながらスマホで即免停も…

運転中のスマホや携帯電話の使用をはじめとした違反行為。

従来より厳しい罰則が適応されることになります

具体的にはどのような内容になるのでしょうか。

自動車などの運転時にスマホや携帯電話などを使用し、スマホやカーナビゲーションなどの画面を注視したりすることに起因する交通事故の警視庁による統計です。

人気の「iPhone」が日本に初上陸した2008年には2038件でした。

しかし、2017年には2832件に増加。

2018年も、前年と同レベルの2790件を記録しています。

これを受けて、今回改正される道路交通法では、スマホなどの使用に対して、罰則の強化および違反点数の引き上げがおこなわれることになったのです。

スマホの使用によって、道路における交通の危険を生じさせた場合の罰則です。

改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金となっていたのですが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されることになります。

改正後は反則金の適用はなくなります。

刑事罰の適用がなされるほか、違反点数が2点から6点に引き上げられるのです。

これによって、免許の停止処分の対象となるのです。

なお、スマホや携帯電話などでの通話や、スマホやカーナビゲーションなどの画面を注視する行為をおこなった場合。

罰則が改正前の5万円以下の罰金から、改正後は6か月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

反則金は以下の通り。

改正前【大型:7000円】【普通:6000円】【2輪:6000円】【原付:5000円】

改正後【大型:2万5000円】【普通:1万8000円】【2輪:1万5000円】【原付:1万2000円】

と、大きく引き上げられます。

違反点数も1点から3点に変更となります。

JAFの実験によると

JAFは、自動車教習所のコースおよび教習車を用いて、運転中のスマホ操作に関する実験を行っています。

その結果によれば、スマホを操作しながらの運転では、交差点でのブレーキや発進、ウインカー操作に遅れが見られるとのことです。

さらに信号の見落としや、急な飛び出しに反応できず衝突するなど、周囲の状況の把握が遅れる傾向にありました。

そのうえ、画面を注視したことで自車が対向車線にはみ出すなど、ハンドル操作も適切にできていなかったのです。

実験の監修をおこなった愛知工科大学工学部の小塚一宏教授。

ながらスマホが事故につながりやすくなる要因について

「ドライバーは、通常の運転では左右やサイドミラーも見て安全確認をしています。しかし、スマホを操作すると視線はスマホ画面と前方の狭い範囲しか確認しなくなるため、信号の変化や横からの飛び出しに対処しにくくなります」

と指摘しています。

警察庁およびJAFは、運転中のスマホや携帯電話の使用は重大な交通事故につながり得る危険な行為であるとして、注意を呼びかけているのです。

あおり運転も免許取り消しの対象に

ほかの車の走行を著しく妨害する「あおり運転」。

今年も大きな話題となりました。

警察庁は、あおり運転についても免許取り消しの対象にする方針を固めています。

あおり運転そのものを摘発する規定の新設や罰則強化のために道路交通法を改正する考えなのです。

同時に行政処分も厳しくするとのことです。

ドライバーに危機感を持ってもらうことが狙いで、危険な運転を抑止します。

警察はあおり運転の摘発を強化していますが、危険な行為は後を絶ちません。

8月には茨城県の常磐自動車道で、乗用車を運転していた男が、前の車の前方に割り込んで停車させ、運転手を殴ったなどとして逮捕されています。

9月には、愛知県の東名高速で車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンで撃たれる事件も起きています。

警察庁はあおり運転にあたる行為を新たに道交法で定めて厳しい罰則を設ける方針。

来年の通常国会への法案提出を目指して検討を進めています。

さらに行政処分については、酒酔い運転や過労運転などと同じように、あおり運転と認定されれば免許取り消しにする方針ということです。

警察は現在、道交法の「車間距離保持義務違反」であおり運転を摘発しています。

違反点数は高速道路上が2点、一般道が1点。

ほかの違反がなければ免許取り消しにはなりません。

ネットの反応

「クルマも当然そうなのですが、自転車にも適用して欲しいです。自転車に乗りながらの人は、両耳ヘッドホンにスマホ操作ですから、クルマと同様に危険だと思います。」

「バイクに乗っていると車でのスマホ使用は一目瞭然。覆面パトカーが有るのだから、覆面白バイを設立して取締れば良い。現行の白バイの車体と服装では無理。スマホだけでは無く色々な違反も取締れると思う。最近の道路事情は無法化していると思う。」

「煽り運転が原因で、実際に死亡事故も起きているし厳罰は賛成です。ただ煽られる方も原因は無いと言えない。高速道路は最低速度があるが、一般道などは決められていないのが現状です。免許更新の際に煽られないようにするには、どうすればよいか等の講習もするべきだと思います。まぁモラルの問題だから難しいですが。。。」

前を見ていない車は傍から見ていても怖すぎです。煽り運転も。罰則強化は歓迎ですね。

おすすめの記事