全盛期には「100億円ギャル」とも言われた益若つばさ

その経済効果は100億円を超えていたが、報酬は…!?

さらに収入についても見ていきましょう!!

益若つばさのプロフィール

益若つばさは1985年10月13日生まれの現在33歳です。

出身地は埼玉県越谷市で、血液型はB型です。

身長は150cm、体重は37kgです。

17歳の時にファッション雑誌「Popteen」に私服スナップ写真が掲載され、読者モデルとして初登場し、2008年2月号まで「Popteen」のモデルとして活動しました。

益若つばさが表紙を飾った2008年2月号は41万部を突破し、「Popteen」史上最高の売り上げを記録しています。

2010年にポップティーンの姉妹雑誌「PopSister」が創刊され、2011年10月号まで専属モデルを務めました。

2011年6月には「Milky Bunny(ミルキーバニー)」という名義で歌手活動を始め、2012年3月21日には1stアルバム「Milky Bunny」をリリースしています。

私生活では、2007年に読者モデルの梅田直樹と入籍し、2008年4月には第1子となる男児を出産しました。

2011年10月から別居を開始し、2013年1月13日にはすでに離婚していることが報じられ、同年1月14日に自身のブログで離婚を公表しました。

益若つばさの経済効果は?

益若つばさはカリスマ読者モデルとして人気を集め、身につけた洋服やアクセサリーなどの紹介したものは売れまくり、経済効果100億円とも言われていました。

しかし報酬については「1円も入らないですよ、正直。ただ、お店の方にありがとうって言われる」と当時の状況を明かしました。

益若つばさは2009年頃から美容やアパレル関連の商品などをプロデュースするようになりました。

プロフィール品も飛ぶように売れ、益若つばさの経済効果については500億円以上ではないかとも言われています。

益若つばさがプロデュースした「Dolly Wink」という1260円のつけまつげが2009年の発売から600万個以上、70億円以上の売上となっています。

その他のプロデュース商品も合わせると1360万個以上、100億円を軽く超えています。

益若つばさの年収は?

2012年から2013年の年収は推定1200万円~1600万円と言われています。

離婚の原因は元夫の梅田直樹にあるにも関わらず、離婚を切り出した益若つばさが慰謝料として約3000万円を一括で支払っているといいます。

年収については詳しくわかりませんが、以前テレビ番組で「どれだけテレビに出ても、どれだけ売上があっても固定給なので」と明かしています。

タレント業もプロデュース業も給料制で、売上は年収に一切関係しないようです。

益若つばさのイメージ

益若つばさは「今も昔も可愛すぎる」「整形だとしても可愛いからいい」と変わらぬ可愛さで支持する声が見られます。

一方で「昔のほうがいい」という声もあり、整形しているのではないかとも言われているようです。

全盛期ほどの勢いは見られないものの、現在は1児のシングルマザーでママタレとしても活躍しています。

おすすめの記事