肝臓の為にお酒を飲まないって方いらっしゃいませんか?

 

しかし、実はお酒を飲んでいなくても肝臓が破壊されてしまうことがあるようです。

 

その理由とは・・・・

 

 

アルコールと肝臓

出典〈lenon

 

アルコールが肝臓に負担をかけ、肝硬変などの重篤な病気を引き起こしてしまうのは

 

周知の事実だと思います。

 

では実際なんでアルコールが肝臓に悪いのかご存知でしょうか?

 

それは、アルコールを摂取した分だけ、肝臓が働く必要があるからです。

 

アルコールは肝臓で分解、吸収され、中性脂肪に変わります。

 

分解の為に肝臓が働くのもそうですが、更に中性脂肪として吸収され、

 

肝臓に溜まるようになってしまいます。

 

その状態を脂肪肝というわけですが、

 

その状態が続くと、さらに悪化し、肝硬変などにもつながってしまうということです。

 

だからアルコールが肝臓に悪いということですね。

 

そして、ほかにも同様の症状を引き起こしてしまう食品や習慣があるということを

 

示しています。

 

アルコールを摂取しなくても肝臓に負担がかかる理由は・・・

 

運動不足、太り気味

出典〈ドクターme

 

肝臓に負担をかけてしまう習慣として、

 

運動不足が挙げられます。

 

運動不足の人で炭水化物をたくさん食べると、

 

脂肪がたまり気味になります。

 

その結果、肝臓に負担がかかり、肝臓が破壊されてしまうことがあるようです。

 

また、同様に太っている人も同じです。

 

太りすぎの人はやはり、大量の脂肪が肝臓に溜まり、肝臓に負担がかかります。

 

しかも度が過ぎると、「非アルコール性脂肪性肝炎」を引き起こす可能性があります。

 

この病気は炎症の為に肝細胞が急激に壊され、その結果肝臓の機能が停止してしまいます。

 

これをさらに放置すると、肝臓がんに発展することもあるため、かなり注意が必要です。

 

加工食品、鎮痛剤、サプリ

出典〈naturalfamilytoday

加工食品は化学物質が多く使用されています。

 

賞味期限を長くするためなど色々理由はありますが、

 

化学物質はやはり体によくありません。

 

添加物の中には中性脂肪を増やすものも多く、

 

脂肪肝になってしまう事例があるようです。

 

また、有名な鎮痛剤に「アセトアミノフェン」というものがありますが、

 

これを大量に摂取すると肝臓に負担がかかってしまうのです。

 

また、サプリメントも実は肝臓に負担がかかります。

 

天然由来を謳っていたとしても、

 

肝臓に負担がかかってしまうような成分が含まれていることがあります。

 

また、これも大量に摂取すると薬物性肝障害になってしまうこともあるため、

 

注意が必要です。

いかがだったでしょうか?

 

アルコールが肝臓に悪いのはもちろん、

 

それ以外にも肝臓を壊す要素はたくさんあります。

 

アルコールをあまり飲んでいない人も油断せず、

 

日々の食生活や習慣には十分注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事