河野太郎外務大臣が記者の質問を無視!?

4回連続で「次の質問をどうぞ」発言に批判が殺到……。

「当たり前」「聞く奴がアホ」との声も。

 

 

 

河野大臣が記者の質問を”4連続で無視”で批判殺到・・・

 

外務大臣の河野太郎(55)が記者からの質問に

 

4連続で無視を決めたと話題になっています。

 

これが本当なら到底、許せないことですが……。

 

 

 

 

日本とロシか関係、北方領土にまつわる記者からの質問に

 

「次の質問をどうぞ」と語るのみで答えない姿勢を見せています。

 

この一連のやりとりを見た人からは

 

 

 

 

 

「なんだこれ」

 

 

「こんなのが大臣なの?」

 

 

「記者会見としての体をなしてないじゃん」

 

 

「なんでこれがまかり通ってるのか。記者は怒っていいだろ」

 

 

 

 

と猛批判を受ける事態に。

 

 

ロシア「日本が認めないと話し合えない」

ロシア

<出典:Twitter@netgeek>

 

 

日本とロシアは北方領土に関する問題で議論が平行線をたどっている最中。

 

ロシアのラブロフ外相は

 

「第2次世界大戦の結果を日本が認めないと話し合えない」

 

「交渉を進められない」

 

 

と発言しています。

 

 

 

 

ロシア側の強気な交渉姿勢に対し河野大臣は国会で日露交渉に関する質問に

 

「交渉前に手の内を明かすのは国益にならない」

 

 

としていました。

 

 

記者の質問に4連続無視は「当然」河野大臣を擁護する声

河野太郎

<出典:Twitter@netgeek>

 

 

今回の記者会見で河野大臣が質問を4連続で無視した理由もおそらく「国益にならない」ため。

 

 

各社の質問内容をまとめると以下のようになります。

 

 

時事通信「北方領土はロシアのものと聞いてどう受け止めた?」

 

読売新聞「発言は控えるということですが、この場でも反応もしないのでしょうか?」

 

共同通信「発言を控えるとアンバランスで悪影響が出るのでは?」

 

共同通信「なんで質問に『次の質問をどうぞ』と言うんですか?」

 

 

すでに河野大臣は「交渉前に手の内は明かせない」と発言していたにも関わらず

 

記者が無理に回答を引き出そうとした結果”4連続無視”という一幕が出来上がってしまったようです。

 

 

 

 

このあとには記者から「不適切でないか?」と来る場面も。

 

それに対し河野大臣は

 

「政府の方針を交渉の場以外で発信することは、余計な憶測を呼び交渉のためにならない」

 

「国会でもコメントを控えるが理解してほしい。交渉に向けての環境をしっかり整えたい」

 

 

と答えました。

 

 

 

 

日本とロシアの間で交渉される北方領土問題。

 

場合によってはマスコミの受け取った日本側の情報が

 

どんな形でロシアに行くのかわからないため、今回の無視は妥当とする声もあるようです。

 

おすすめの記事