モデルの長谷川潤が離婚したことを報告しました。

8年間の結婚生活にピリオドを打ちました。

長谷川潤には子供が2人います。

長谷川潤のプロフィール

長谷川潤は1986年6月5日生まれの現在32歳です。

出身地はアメリカ合衆国で父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフです。

本名は長谷川カウルヴェヒ潤で所属事務所はLDHでしたが、2015年からはオスカープロモーションに所属しています。

身長は164cmでスリーサイズは82-60-90です。

2歳からハワイに住んでいたが、14歳の時にスカウトされたことがきっかけとなり15歳で日本へ移住し、モデル活動を始めました。

2002年からファッション雑誌「ViVi」のレギュラーモデルを務め、2005年からは専属モデルとして活躍しました。

2010年までの8年間「ViVi」のモデルを務め、その後はファッション雑誌「GLAMOROUS」の専属モデルを務めます。

2009年からはバラエティ番組「グータンヌーボ」にレギュラー出演し、2010年から2012年の2年間は司会役として「アナザースカイ」にレギュラー出演していました。

他にも数多くの広告塔を務め、多数のCMに出演するなど活躍しています。

長谷川潤の旦那と子供について

長谷川潤は2011年6月に台湾系アメリカ人の実業家である男性と結婚しました。

デイビットという方で、長谷川潤と同じくハワイで育った男性のようです。

2008年から交際し、日本とハワイの遠距離だったにも関わらず交際期間4年での結婚となりました。

長谷川潤がデイビットの子供が欲しいと感じるようになり、逆プロポーズしたことが結婚のきっかけだといいます。

長谷川潤が結婚したデイビットは両親が実業家で投資家としても成功しているようで総資産が数百億にもなる大富豪のようです。

デイビット自身もシカゴやワイキキなどでセレクトショップを運営する実業家です。

2012年に長女のアイボリーちゃんを出産し、2014年に長男のエヴァンくんを出産しています。

長谷川潤が離婚を報告

長谷川潤が離婚したことを10日に発表しました。

所属事務所を通じてマスコミ各社へ「突然ではございますが、弊社所属のモデル長谷川潤が離婚致しましたこと、ご報告させていただきます」とファクスで報告しました。

さらに自身のインスタグラムでも離婚したことを報告しています。

「時間をかけ話し合い、夫婦という形は解消することになりましたが、子供たちには今後も変わりなく父親と母親として協力し合いながら、たくさんの愛を持って暮らしていきたいと思います」と説明しています。

離婚の原因などは明らかにしておらず、所属事務所は詳細についての公表は控えるとコメントしています。

激励コメントが多数

ネット上では「これからも応援する」「がんばれ」など激励の声が多く見られました。

さらに「結婚ってなんだろう」「結婚って難しい」など結婚観に関するコメントが多く、トップモデルが与える影響は大きかったようです。

変わらずファンも多く見られる長谷川潤は、これから母親としてモデルとしても活躍するでしょう。

日々更新されているインスタグラムでも近況がチェックできますよ〜!

おすすめの記事