ハロプロがライブ・コンサートでの写真撮影を解禁。事務所の思惑とは!

11月28日、モーニング娘。’19やアンジュルムなどが所属するハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)が公式サイトにて、一部のライブやコンサートでの写真撮影の解禁を発表。年内に行われる5公演で試験的にスマートフォン・携帯電話での写真撮影を許可するという。

今回の実施はあくまでも「ライブを楽しんでいただいている皆さんの思い出作りの一つ」であり、営利目的の写真撮影は禁止。また、動画撮影、録音、一眼レフなどプロ仕様のカメラ・iPad等のタブレットでの撮影、フラッシュ撮影や付属レンズや自撮り棒など撮影補助機材の使用も禁止され、周囲の迷惑になるような撮影は控えるようアナウンスされている。

古参のファンは困惑

Juice=Juice Concert 2019~octopic!~が、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

Juice=Juiceは未発表の新曲「プラトニック・プラネット」を含む計23曲を披露。自身最大となるキャパの会場に集まる多くのファンを盛り上げた。

ハロプロ初となる写真解禁コンサートとなりましたが、とくに混乱は起きず、好意的な意見が多かったですね。

しかし、ファンの方は賛同一辺倒ではなく戸惑い気味。

というのは、対象公演の中にファンにとって大切な「卒コン(卒業コンサート)」が含まれているため、12月10日のアンジュルムの豊洲PIT公演は中西香菜さんの卒業公演にあたり、カントリー・ガールズは12月26日の公演をもってグループの活動休止が発表されています。

「なぜ卒コンまでも解禁するのか?」
「卒業コンサートセレモニーでシャッター音が響くとかなり興ざめになります」
「思い出が雑音に紛れちゃう悲しさ想像できんのか」
「推しの卒コンで『試験的に...』なんて言われるのは嫌」

など、ライブの雰囲気を台無しにされたくないというファンの意見も多い。最後のステージを思い出として焼き付けたいファンは、スマホで視界が隠されたり、シャッター音に雰囲気が乱されたりするのを危惧している様子。

最初は抑制的に写真撮影を行っていてもいずれはバシャバシャとコンサートもろくに見ずに写真撮影をする人も出てくるでしょう。

また、写真撮影が全面解禁されている韓国ではバズーカと呼ばれる超望遠カメラで会場が埋め尽くされるなんてこともあるようです。

写真撮影を解禁した事務所の狙い

日本のコンサートはもっとも高い席×席数に対してJASRACの音楽著作権使用料が発生するために、海外のように最前列にvip席を作ったりしても採算が取れなくなってしまうという事情があります。

そこで、前列のチケット価格を上げないままにするものの写真撮影を解禁することで価値を高めることによって、ファンクラブ会員に最前列チケットが渡る仕組みにすると、月額のファンクラブ会員が増えて収益が安定的に上昇するという狙いがあると思います。

ハロプロだけでなく各アーティストはyoutubeで無料で音楽を聴く時代になったことでCDで資金を回収できないことからファンクラブに力をいれて月額課金モデルにシフトチェンジを図っていますが、ハロプロの写真撮影解禁もこの流れの一環と見ることができるでしょう。

また、写真撮影に関してネット上に投稿する場合はハッシュタグをつけて拡散することに協力するようにお願いしていることから、ファンの投稿によって宣伝広告効果を得たいという理由もあるでしょう。

とくに黄金期のモーニング娘。のような地上波テレビの露出が減ったハロプロは、根強いファンの口コミがきっかけで新規顧客の取り込みに成功してきたので、その流れを加速させたいという狙いも見えますね。

そして、海外では写真撮影は基本的に許可されていることが多いので、外国人ファンの取り込みや海外進出にも対応しやすくなるでしょう。

近年は女性ファンも増加しているハロプロは、新しいファン層の取り込みに自信をもったのか、コンサート中のジャンプ禁止など新規ファンがこわがらないような雰囲気づくりを目指しているように思いますが、吉と出るか凶と出るか。

ハロプロの12月の公演での解禁はあくまで試験的なもので、「撮影許可の経過・動向を見つつ、公演に混乱をきたすようであれば、2020年の撮影の実施を見送る場合もあります。ひとまず年内のトライアルとさせていただきます」とも告知しています。

撮影を認めるかどうかのルールはファンの良識と、運営と観客の信頼関係により形成されて行くので、ハロプロではどのようなルール・マナーになるか、今後会場などでファンが見せる態度に左右されるでしょうが、juice=juiceコンサートでは幸先の良いスタートだったようです。

https://twitter.com/gng1ikmn/status/1202510133508497409

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

ハロヲタである私のタイムラインでJuice=Juiceのライブ写真めっちゃ流れてくるんですけどね、
このヒールであんだけダンスして走って歌ってって、かっこ良すぎへん?
スマイレージ以来ハロプロのコンサート行ってないけど、Juice=Juiceのコンサート行ってみたいな

ハロプロのライブをスマホで撮影してSNSに載せる、っていうのが試験的に始まったみたいだけど、昨日のJuice=Juice、TLに上がってたのだけでもいい写真が多くて魅力的に見えた。

ハロプロのライブ撮影が試験的に解禁されて、昨日は試金石となったJuice=Juice・代々木の公演を見た。はた目からは、とりわけ混乱もなく。切り口は色々とあるだろうけど、やっぱり客席目線からの写真ってそれで満足するものではなく、むしろ現場へ行きたい欲をさらにかき立てるものだと思った

おすすめの記事