日本で血液型といえば、「性格診断」や「占い」といったイメージが強いのですが、

海外の医療機関では血液型によって「病気リスク」が変わるということが、

最新の研究によって明らかにされつつあります。

血液型と病気の相関関係

血液型と病気の相関関係を考えるうえで大切なことは、

それぞれの血液型が血漿中に異なる「抗体」を持つことを理解することです。

この場合の抗体というのは、

ウイルスや細菌などの異物を体内から追い出す働きを持つことです。

東京大学医学部付属病院放射線科准教授の中川恵一医師によると、

「研究が進められている段階なので断言はできませんが、それぞれの血液型が異なる抗体を持っていることが、病気の発症リスクと関わっているのではないかと考えられています」

ここで例をあげると、がんとともに三大疾病に数えられる「心疾患」と「脳卒中」については、「AB型」の血液型を持つ人の発症リスクが高いという研究結果が次々と報告されているのです。

2010年、米ハーバード大学が約9万人を対象に行なった調査によると、

「冠動脈心疾患」のリスクは、最も低いO型と比べて、

AB型が1.23倍高いことが分かっています

さらに同調査では、B型の発症リスクもO型より1.15倍高かったのです。

続いて、2014年に米バーモント大学が約3万人を対象に行なった調査では、

AB型は「脳卒中」のリスクが、最も低いO型に比べて1.83倍高かったという報告をあげています。

2016年のスウェーデン・カロリンスカ大などによる研究で、

「血栓症」についても、もっともかかりにくいO型に比べて、

AB型のリスクは2.24倍高いことが分かっているのです。

O型の発症リスクが低いが他のリスクも…

さまざまな研究結果から、

O型の発症リスクが低くなっているのがわかります。

その理由について、

東京医科歯科大学医学部付属病院救急センター特任助教の高山渉医師が解説します。

「O型の血液は、他の血液型に比べて固まりにくいと考えられているのです。血液には、止血に関連する『凝固因子』という物質があります。O型は、凝固因子のうちのひとつが他の血液型より30%ほど少ないことが証明されています。血液が固まりにくいため血栓ができにくく、心疾患や脳卒中が起こりづらくなっていると考えられます」

こう考えるとO型の一人勝ちのように見えますが、

他の発症リスクがあるのです。

というのも、血液が固まりにくいということで、

3大疾病などの発症リスクが、

O型では抑えられているのですが、

その性質が他の病気の発症リスクを生むのです。

高山医師らの研究グループは、

重症の大ケガで救急搬送された際、

O型患者はそれ以外の血液型の患者に比べて、

死亡率が2倍以上高いという研究結果を報告しているのです。

同研究は、2013~2016年度に入院が必要となった重症のケガで

東京医科歯科大学など2病院に救急搬送された901名の患者データを分析しています。

救急処置もむなしく命を落とした患者の死亡率は、

O型では28%だったのに対し、

O型以外は11%だったのです。

「怪我で血管が破れると血液中の血小板が集まって傷をふさぎますが、O型の人は、血小板をくっつけるはたらきを助ける凝固因子が少ない。それが原因で止血しにくくなり、他の血液型より高い死亡率となった可能性があります」

血液型診断が好きな日本人

初対面の人に聞きたくなるのが血液型です。

年齢などを聞くよりも失礼にならないので、

挨拶代わりのようなものなのですが、

さらにそこから性格診断に話が弾むことも少なくありません。

しかし、すでに大規模な調査によって、

血液型と性格が関連しないことは科学的に証明されているのです。
https://www.instagram.com/p/B0BD2VuFbrC/?utm_source=ig_web_copy_link
日本人の血液型は、

多い順にA型が38%、O型が31%、B型が22%、AB型9%となっています。

血液型によってかかりやすい病気のまとめ

O型は血が固まりにくいことから、

事故などによる出血などで失血死するリスクが最も高いとされています。

いっぽうでがんを含めて三大疾病の発症リスクが低いのが特徴です。

それでは、怪我にさえ気をつければいいのかということになるのですが、

O型は他の血液型と比べても、

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症リスクが

他の血液型よりも高いことが報告されているのです。

もっとも、前述の中川医師が言っています。

「私は血液型と病気の発症リスクの関係に注目していますが、日々の生活習慣のほうが、はるかに病気のリスクを左右することを忘れてはいけません。血液型による発症リスクを過剰に恐れる必要はありませんが、医学的根拠のある数字として頭に入れておいた上で、日々の生活習慣を改めることが、予防につながります」

ネットの反応

「血液型性格診断よりもこっちのほうが大切だと思う」

「血液型は変えようがない…ということは逃げようがないってことか…」

「生活習慣に勝るリスクはないってことだから、こっちで気をつけるしかないね」

血液型は変えることができないので、生活習慣を改めるほうが大事ということですね。

おすすめの記事