40代からの夜間頻尿…何度もトイレに行きたくなる原因は??

40代から急増する夜間頻尿 第二の膀胱ふくらはぎが原因かも

40代に入ると、おしっこが「出にくい」、「近い」、「夜中にトイレに行きたくなる」といった悩みを持つ人が少しずつ増えてきます。

そのなかでも断トツなの「夜間頻尿」。

50代では半数以上が頻尿に悩んでいる

「寝る前には必ずトイレに行ってから寝るようにしているのに、40代半ばごろから必ず夜中にトイレに起きるように……。いったん起きてしまうと、目がさえてしまい朝までぼんやりすることも。日中に猛烈な眠気に襲われ、仕事中に居眠りしてしまったこともあり、本当に困っています」

そう語るのは都内に住むA子さん(50)。

最近では最低でも一晩に1回、多いときでは3、4回行くことがあるというのです。

https://www.instagram.com/p/CDAOpZOHTSq/?utm_source=ig_web_copy_link

夜中に起きて1回以上トイレに行く人は、40代以上では約4500万人いるといわれています。

加齢とともにその人数は増え続け、50代で約6割、60代以上になると約8割の人が夜間頻尿に悩んでいるそうです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

夜間の2回以上のトイレは要注意

「夜間頻尿の定義は、就寝後、排尿のために一晩に1回以上起きること。そして、そのために眠りが浅くなり、昼間に眠気が襲ってきたり、夜間トイレに行くときに転倒したりなど、日常生活に支障をきたす状態をいいます。夜間にトイレに起きてしまう人は意外と多く、8割以上の高齢者は夜間頻尿にあてはまります」

そう解説するのは、国立長寿医療研究センター副院長で泌尿器科が専門の吉田正貴先生。

夜間にトイレに起きることは、単に「面倒くさい」だけでは済まされない問題があるというのです。

「日常生活のなかにどれくらい困っていることがあるのか。が治療の対象になるポイント。夜中に何回起きても困っていることはない、という人は治療の対象にはなりません。しかし、夜中に2回以上トイレに起きると、QOL(生活の質)が低下して困ることが多い、といわれています」

夜間頻尿の多くは、同時に「夜間多尿」であることが多く、1日の尿量の3分の1が就寝中に出ていると夜間多尿となります。

通常、昼間に比べて夜間の尿量は減るのですが、加齢により夜間の尿量を減らす「抗利尿ホルモン」の分泌量が低下したり、

尿を濃縮する腎臓の機能が衰えたりすることで、夜中に作られる尿が増えてしまうのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

意外なところに原因が

夜間頻尿の大きな原因が意外なところにあることがわかってきました。

「私たちの体は体内の水分量を一定に保つため、食事や飲み物などで摂取した分を、主におしっこに変えて排出します。昼間に立ちっぱなしだったり、長時間座ったままだったりなど、同じ姿勢で過ごしていると、重力によって体の水分が下肢にたまります。さらに、加齢とともに血液を循環させる機能が低下することで、足の水分が血管から漏れ、ふくらはぎにたまってしまうのです」

夕方以降になると「足がパンパンにむくむ」というのはこれが原因。

View this post on Instagram

私のところに相談に来ていただいた更年期女性の多くが、睡眠障害を訴えています。ただその要因は様々。 夜間トイレに起きて寝不足ということもあります。 辛いですよね。最近明らかになったことを書きました。 詳しくは、プロフィールトップ9月3日のアメブロ へどうぞ @miharu.satoh→ linktree #ハイジア #幸年期 #札幌 #助産師 #ウィメンズヘルスアドバイザー #メノポーズカウンセラー #更年期資格 #ウィメンズヘルスアドバイザービギナー #女性ホルモン講座 #女性ホルモンバランス #更年期対策 #更年期不調 #更年期障害緩和 #更年期障害改善 #更年期予防 #更年期ケア #更年期かな #更年期いつから #更年期いつまで #夜間頻尿 #睡眠障害 #トイレに何度も起きる

A post shared by 更年期の不調のことならハイジア 佐藤みはる (@miharu.satoh) on

日中に摂取した水分がふくらはぎにたまってしまうことから、“ふくらはぎは第2の膀胱”と呼ぶ人もいるそうです。

こうしてふくらはぎにたまった水分が、横になったときに再び血管に戻り、血液中の水分を減らそうとして、

夜間におしっこが作られてしまうと考えられているのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「私も悩んでいた一人ですが「ためしてガッテン」でも同じテーマで実験されたのを観てそれとなく試してみたところほんと効果絶大でした。1日に30分程度仰向けになって少々足を高く上げるだけで十分なのです。」

「夜間頻尿は、加齢による膀胱機能の低下が原因とばかり思っていた。そうではなくて、腎臓機能の低下が原因であり膀胱は単にオシッコをためておくだけの場所、ということに気付いた。」

「夜間は、就寝前にトイレに行くことで、朝まで一度もトイレに行かずに済んでいるけど、数年前から過活動膀胱に悩んでいます。
急激に激しい尿意に襲われて、トイレに駆け込むこともしばしば。その状態で待たなければならないときは、もうパニックです。
日中に起こるので、横になることとは関係ないはずだけど…。一度ふくらはぎに電気刺激を与えて治療する器具の臨床試験に参加したけど、効果はなかった。」

夕方までに仰向けで足を上に上げてみるというのは良い方法らしいです。

おすすめの記事