東京オリンピックの成功がもたらす日本のチャンス。

FIFAは2021年のFIFAクラブワールドカップが日本で開催されることを発表。クラブW杯は2021年から24クラブが出場する新フォーマットで実施される予定で、開催地も中国に決定していました。しかし、2021年に開催が予定されていたFIFAコンフェデレーションズカップが延期されたことなどを受け、理事会は新フォーマットへの移行を諦めて現行の7チームによる大会を2021年後半に日本で開催することを決定。

東京オリンピックを成功させると日本に大きな追い風が?

今年のクラブW杯は当初の予定では12月にカタールで行われる予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期が決定。

日本は東京オリンピックを現在開催する方向で動いていて、クラブワールドカップが中国から日本へ変更になったのは、中国は新型コロナウイルスを強硬的に封じ込める政策をしているために国を越えた移動はかなり厳格にチェックされますが、日本は東京オリンピックを開催する以上はある程度の感染者数を許容する方針にせざるを得ないので、どんどん規制を緩めています。感染者数がある程度出ているのは免疫獲得者が増えている証拠で時間の経過とともにリスクは低下していくでしょう。

また、日本人はBCG説などいわゆるファクターXのおかげで軽症者が多く高齢者で基礎疾患を持つ人が死亡者の中心で、現役世代で重症化リスクはかなり低いですが一部後遺症が出ている状況です。

後遺症問題も欧米圏とは比べ物にならないくらい後遺症の深刻さと後遺症が出る人の数が違います。

ヨーロッパでは感染者数が多く、重症化リスクが高いという意味で国際大会を開くような状況ではないです。

中国のような封じ込め国では真逆の問題が起こります。
中国のアジアチャンピョンズリーグ敗退チームはなかなか帰国の許可が出ないでカタールに取り残されていますが、このような状態が続くと国際大会の開催は不可能ですね。
2022年の冬季北京オリンピックの開催も危ぶまれます。今から代替地を探すとなると札幌・長野でしょう。冬季オリンピックはクラブワールドカップのように中国から日本に開催地が変更になり札幌・長野の共催になる可能性もあります。
また、2023年の女子ワールドカップもオーストラリア、ニュージーランドの共催ですがどちらの国も中国同様の封じ込め路線の国でワクチンが大きな効果を上げなければ、最後まで開催招致を争い、東京オリンピック開催実績がある日本にこぼれてくる可能性もあります。
新型の感染症は短期的には感染者数を抑えた国が成功なんですが、免疫を獲得できないので出口戦略を見失います。
日本は常に緩やかな感染者数が出続けていて、対策も緩やかでロックダウンや都市封鎖のような事はしませんでした。
常在ウイルスの一つとして馴染んでいくというプロセスでもっとも近い状態にある国ともいえるので、実際オリンピックを開催できそうな国は日本ぐらいしかなく、東京オリンピックが何とか形になると、あらゆる国際的なイベントが日本開催となる可能性があり、日本にとって大きな追い風になるでしょう。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

2021年東京オリンピック開催、現状からは全く想像も出来ない。
ボランティアとして無償の医療従事者5000人とか、あと7ヶ月ほど先にそんな世界が待っているのだろうか?
今年、延期を決めたのは3月だった。おそらく、そこらあたりが判断の分かれ目になるのだろう。時間は限られている。

おすすめの記事