俳優の田村正和さん死去、77歳 ドラマ「眠狂四郎」「古畑任三郎」など

テレビ時代劇「眠狂四郎」、刑事ドラマ「古畑任三郎」などダンディな二枚目からコミカルなキャラクターまで幅広く演じた、俳優の田村正和(たむら・まさかず)さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京都港区の病院で死去したことが18日分かりました。77歳でした。京都市出身で往年の名俳優、阪東妻三郎さんの三男として生まれ、長兄の田村高廣さん、弟の田村亮も俳優で「田村三兄弟」と呼ばれていた。  1943年(昭和18年)生まれ。成城大卒。

自身の老化を理由に俳優業を停止していた。

1992年当時「「せっかく俳優という職業にいるのに、俳優以外の色を付けてしまうのは役を演じる上で損であり、自分はそういうやり方が絶対嫌だ」「最近の芸能界は俳優、タレント、お笑いなどの境界が曖昧だが、俳優はタレントとは他の方法で仕事をするので、俳優には俳優の訓練が必要だ」と自身の写真集のインタビューで語っていて、俳優業へのプロ意識や美意識の強さを感じさせています。

2018年のドラマ出演が俳優として最後の仕事になりましたが、自身のルックスの老化も仕事から離れた理由で最後までかっこいい田村正和で居続けています。

61年高校在学中に映画「永遠の人」でデビュー。66年に大学を卒業するまで学業と俳優活動を並行して行い、63年の「花の生涯」から5年続けてNHK大河ドラマに出演した。  70年フジテレビの昼ドラマ「冬の旅」で注目され、72年「眠狂四郎」(フジテレビ)のニヒルな役どころが評判となり人気に火が付き、哀愁漂う演技が女性の心をつかんだ。その後、「若さま侍捕物長帳」(78年)、田村三兄弟で共演した「乾いて候」(83年)「ニューヨーク恋物語」(87年)、「過ぎし日のセレナーデ」(89年)、「パパとなっちゃん」(91年)などがヒットし、話題となった。  83年にTBSドラマ「うちの子にかぎって…」、87年に同「パパはニュースキャスター」に主演し、これまでとは違ったコミカルな演技で新境地を開き、お笑い芸人らがものまねをするようになると、若い世代にも人気を得た。94年から放送された「古畑任三郎」(フジテレビ)は10年以上演じ代表作の1つとなった。  09年にTBSの特別企画ドラマ「そうか、もう君はいないのか」がモナコのモンテカルロ・テレビ祭でテレビフィルム部門最優秀男優賞を受賞。日本の民放作品としては初の受賞となった。18年のスペシャルドラマ「眠狂四郎 The Final」(フジテレビ)が最後のドラマ出演となった。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

心よりご冥福を申し上げると共に、今まで数々の俳優業ありがとう御座いました...77歳かぁ...田村正和さん...早すぎるというか何というか....。

田村正和さん
寂しいです。本当に色っぽくてカッコいいし、ダンディ。そんな言葉が本当に似合う方です。

おすすめの記事