これは悪趣味…王様のブランチで渡部の風船破裂

渡部建の顔描いた?風船だけ「破裂」 王様のブランチの演出に「いい大人がやることでは...」

土曜昼の情報番組「王様のブランチ」(TBS系、以下:ブランチ)の演出について。

2020年12月26日に放送された王様のブランチ。

エンディングでかつて総合司会を務めていたアンジャッシュ・渡部とみられる人物の顔が描かれた風船のイラストが空に舞い上がります。

そして破裂するという演出が見られました。

たちまち、ツイッターユーザーからは「胸糞悪すぎる」「いい大人がやることではない」と批判的な声が聞かれたのです。

ロンドンブーツ・田村淳も、YouTubeチャンネルで番組が置かれた立場に理解を寄せつつ、今回の演出には否定的な姿勢を示しています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

出演者は演出に言及せず

渡部は17年4月にブランチの総合司会に就任。

20年6月に自身の不倫問題が発覚して以降は出演を自粛し、12月にはスポーツ紙が渡部の番組降板を報じています。

年内最後の放送となった26日のブランチは、渡部の相方・児嶋一哉がスタジオに登場。

自身も出演したテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)の魅力などを振り返っていました。

番組エンディングでは総合司会の佐藤栞里が「一年ありがとうございました」と頭を下げると、

色とりどりの風船のイラストが上空に舞い上がっていくという演出が見られたのです。

しかし、そのうち一つの風船には渡部らしき男性の顔がうっすらと描かれ、ほかの風船が空に舞い上がっていく中、

その風船だけが途中で「破裂」したのです。

このとき、スタジオの出演者たちは「よいお年を~」と視聴者に向けて手を振っていたのですが、演出に言及する人は一人もおらず。このまま番組は終了しました。

注意深く見ていないと気づかないような演出でした。

そのため、当時番組を見ていたと思われるツイッター上の視聴者からは

「いま風船に一瞬だけ渡部の顔が映った?」
「渡部いたよね」

と半ば疑うような声も聞かれたのです。

その後、このシーンの画像や動画が拡散されると、

「胸糞悪すぎる」
「いい大人がやることではない」
「いじりじゃなくイジメ」

と演出に対する批判的な意見が多く聞かれるようになりました。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

「飛んで行って、割れなくてもいいんじゃないか」

この演出を見たロンドンブーツ1号2号の田村淳は27日、YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」で言及。

動画タイトルは「アンジャッシュ渡部くんへ、『王様のブランチ』何故あの演出!? 」だった。

淳は「急にメインMCがいなくなって、それを切り盛りする演者さんとかスタッフさん、スポンサーさんは大変迷惑を被ったと思う」と、一連の騒動を受けて番組が置かれた状況に理解を示しました。

その上で、

「渡部くんがやったことは番組として許せないことだったかもしれないけど、そういう形で渡部くんのことをイジるっていうのは、なんかちょっと違うような気がするなと思いました」

と、演出には懐疑的な姿勢を見せたのです。

また、「もしかしたら番組の愛情だったのかもしれない」と制作側の意図を想像しつつ

「僕が渡部くんだったとして、家であの放送を見ていて、最後自分の顔が映っている風船が割れるっていうのを見たら、どんな気持ちになるんだろうな」「これが渡部くん復帰への道を示しているんであれば、そのまま風船は飛んで行って、割れなくてもいいんじゃないか」

とも語ったのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「誹謗中傷が~いじめが~とか言ってるテレビ局がこれだからな。理由があったらなんでもOKって考えなのかな。こういう演出をやったらどうなるかってことくらい想像つかないものなのかね。」

「こういう演出の発想を思い付く事自体、昔からイジメをやっている人なんだろうな…普通はなかなか考えつかない。」

「渡部が批判されることは仕方ないが、これは違うと思う。渡部というより、渡部の家族が見たらどう思うか。自分に置き換えて考えてみる想像力が全くないのだろう。」

記事数も少なくTBSも画像や動画を削除するなど火消しに走ったようで、年末のどさくさであまり話題にならなかった印象です。

カーボーイで太田が言っていましたが、爆笑問題の田中も激怒していたようです。

イジメそのもので気分が悪くなります。こういうことをスタッフは気づかず、または誰も止めずに公共放送で流す神経が理解できません。

死人にむち打つ行為といってもいいでしょうね。

TBSは公式に謝罪してもいいレベルの放送事故ですよ。

おすすめの記事