日本だけでなく世界中で人気のロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルをしている、Takaさんが自身のインスタグラムで、最近の日本人ファンのマナーの悪さについて、本音コメントを漏らし、ネット上で叩きコメントが殺到しました。

◆Taka「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそう…」

 

ONE OK ROCKは1月25日まで全米ツアーを行なっており、そのツアーを終えた翌日に、Takaさんのインスタグラム上で以下のような投稿がされました。

 

このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね。
最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった。
朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて
みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます。
御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって、、、、
そりゃ、、気持ちはね、、、わかるよ!
楽しいだろうし。近くでみれて嬉しいだろうし。
でもね。俺らも人間だからさ、、、
限度ってものがあると思うんだよね。
なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を!
普段会えないから会いに行く場所ではないから!まぁ色々これみて思うことあるかもだけど、僕らはこんな文章を書きたくなるくらい今正直凹んでます。

 

この投稿にあるように、全米ツアー時における日本人ファンのマナーの悪さが相当酷かったという本音を吐露しているんです。

 

 

◆それに対してネットでは批判コメントが続出w

芸能人あるあるネタですが、多くの芸能人はプライベートの時間に、街中で許可なく写真を撮られてることに対して、テレビやブログで愚痴をこぼすこともしばしばあります。

 

TAKAさんのこの投稿だけ見ても、他の芸能人と同じで同情してしまいますが…この投稿。なんと1時間で4万件近くのいいねがつき、1日で約15万件ものいいねと2万以上のコメントが投稿されるほど、話題となっています。

 

その中のコメントには、もちろん賛同&同情するものもありましたが、一方で「調子乗り過ぎ」「天狗になってる」「他にも言い方あった」といった批判コメントも多数投稿され、「TAKAが調子に乗っている!」と炎上しました。

 

SNSで言うべき事ではなかったと思います。もっと違うやり方があったと思う。人には色々な価値観があるから…

 

なんだコイツ

 

テメェ何様

 

◆大炎上を受け、TAKA翌日に謝罪コメントを投稿

このような批判コメントが殺到したことを受け、翌日には謝罪コメントが投稿されたのですが、よほど焦っていたか急いだのか、投稿された文章に誤字が含まれているという始末w

 

「ゴメン!文章が足りてなかったね。。」

「一部の人たちなんだけど、最近はその一部があまりにも多いってことなんだよね!みんなのこと嫌いにはならなゆ」

 

ですが・・・この謝罪コメントに対してさらに批判コメントが殺到する始末。。

 

「参った!イライラして寝れねー!翌日、謝罪のコメントとかやめてよ。発言したこと貫いて!punkrockで頼むよ!ワンオク=J-POP=芸能人だったら俺もう日本人の音楽いいわ!」

 

「今更言い訳しても、もう本音が世間に出ちゃってるんだからさぁ…ホントダサいよ」

 

 

どんな投稿をしても、賛否両論のコメントがあることは仕方のないことなので、TAKAさんのような方にはファンからなんと言われようと、自身の情報発信を貫いてほしいですし、SNSでの情報発信は個人の自由だと思うので、弁解する必要はないのではないかと個人的には思ってしまいますね。

今後の日本人ファンのマナーはよくなっていくのでしょうか。

 

話題】の最新記事
  • 人種差別
    【差別】黒人ベビーシッターが白人の子供を連れていただけで通報される・・・
  • 雛形あきこ
    女優・雛形あきこの「ラーメン二郎」が独特w w w w衝撃画像w w w w
  • バンクシー
    有名画家バンクシーの作品がオークションでシュレッダー!?いったいなぜ?
  • 手錠
    【悲報】「女子高生とエッチしたいけど、やると逮捕されるから…」下着を買い取った男、無事書類送検
  • JR新宿駅
    【動画】JR新宿駅で女性にだけ「ぶつかる男」がヤバ過ぎるw w w w
  • ボランティア
    【悲報】山口県・行方不明だった理稀くんを発見した男性に批判の声。その理由が・・・
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。