国宝級!?国産車3台を選ぶとなるとやっぱり外せない!

日本が誇る名車中の名車を振り返ります。

およそ100年前に始まった日本の自動車製造。

これまでに名車と呼ばれるようなクルマが数多く誕生しました。

その名車のなかでも、とくに希少であったり世界初の偉業を成し遂げたクルマが存在。

そこで、これまでに生産された国産車のなかから、後世に残すべき名車を3車種ピックアップしてご紹介します。

日本の自動車史に燦然と輝く名車トヨタ「2000GT」

クルマが一気に進化した1960年代に、世界中で数々の優れたスポーツカーが誕生しました。

日本でもトヨタが1964年にヤマハとの共同開発によって、世界で通用する高性能なスポーツカーの開発に着手。

そして、1965年の東京モーターショーでプロトタイプを発表。

1967年5月に発売されたのが、トヨタ初の本格的スポーツカー「2000GT」です。

外装のデザインは「ロングノーズ・ショートデッキ」と呼ばれる、伝統的な英国製スポーツカーのフォルムを取り入れ、曲面を多用した流麗なファストバックとなっています。

エンジンは「クラウン」に搭載されていたものをベースに、ヤマハによりDOHC化された、2リッター直列6気筒を搭載。

キャブレターを3連装し、最高出力150馬力を誇りました。

最高速度220km/h、0-400m加速15.9秒、0-100km/h加速8.6秒と、当初の目標どおり世界トップクラスの動力性能を達成。

サスペンションは先進的な4輪ダブルウィッシュボーンを採用。

4輪ディスクブレーキ、マグネシウム製ホイールを装着するなど、日本の量産車としては初めて搭載するものばかりでした。

トヨタ2000GTは生産工程の多くが手作業だったことから当時の販売価格は238万円で、これは同年における大卒初任給平均3万6000円の66倍です。

現在の価値で換算して約1380万円ということになりますが、物価で換算すると、もっと高額になる試算もあります。

1967年にフロントマスクのデザイン変更などマイナーチェンジがおこなわれ、1970年までの3年ほどで生産を終了。

生産台数はわずか337台でした。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

世界初の量産ロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」

マツダは1961年にドイツのNSUバンケル社と「夢の内燃機関」といわれていたロータリーエンジンについて技術提携をおこないました。

そして、独自にロータリーエンジンの開発に着手。

1964年に発売された「ヴァンケルスパイダー」に次いで、1967年に「コスモスポーツ」を発売。

コスモスポーツは、最高出力110馬力を発揮する491cc×2ローターの、世界初となる実用量産ロータリーエンジン「10A型」を搭載しました。

コンパクトなロータリーエンジンの特徴を活かして、外観は低く伸びやかなスタイルを実現。

2シータークーペのコスモスポーツは未来を感じさせるような外観で、当時としてはかなり斬新なデザインになっていました。

また、動力性能もスポーツカーにふさわしく、最高速度185km/h、 0-400m加速16.3秒を達成しています。

1968年には128馬力にパワーアップされ、最高速度は200km/h、0-400m加速は15.8秒まで向上するなど、ロータリーエンジンの性能の高さを世に知らしめます。

コスモスポーツの価格は初期型が148万円、後期型が158万円でした。

同時期に発売された日産「ブルーバード」が70万円台でしたから、かなり高額なクルマだったことがうかがえます。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

わずか197台が生産されただけの幻の名車「スカイライン2000GT-R」

1957年にプリンスから発売された「スカイライン」は、2代目にして高性能セダンとして脚光を浴び、日産から発売された3代目ではレースに勝つために「GT-R」が誕生。

そして「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチフレーズで大人気となった4代目スカイラインは、1972年に登場しました。

この4代目にもGT-Rが設定され、エンジンは先代から継承する2リッター直列6気筒DOHC4バルブの「S20型」を搭載。

最高出力160馬力を7000rpmで発揮し、当時としてはレーシングカー並の高回転型エンジンです。

外観では「GT-R」のエンブレムを配したメッシュのフロントグリル、前後のオーバーフェンダー、リアスポイラーが装着され高性能さをアピール。

また、動力性能に見合うように4輪ディスクブレーキを採用するなど、レーシングカーからフィードバックされた技術が取り入れられています。

1973年に発売された2代目GT-Rは、初代と同様にレースへの参戦を想定して開発されていましたが、オイルショックの影響などでレース参戦は幻に終わり、生産もわずか4か月という短期間だったため197台しかつくられませんでした。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの反応

「この3台に異論はない。しかし、日本の宝は3選では済まないっての。」

「地元に7台しか存在しない赤いケンメリGT-Rが1台、55ナンバーのワンオーナーで生息している。」

「ハコスカやZ432も入れて欲しいけど、3選ではなく5選にして欲しかった。」

おすすめの記事