昨年2月21日に亡くなられた大杉漣さんの一周忌を迎えました。

亡くなる直前まで収録していた番組「ぐるナイ」では、追悼メッセージが放送されました。

大杉漣さんのプロフィール

大杉漣さんは1951年9月27日生まれで、2018年2月21日に66歳で亡くなられました。

本名は大杉孝で、出身地は徳島県です。

数々の映画やドラマに出演し、その演技は高く評価され「300の顔を持つ男」とも言われていました。

日本アカデミー賞やブルーリボン賞など多くの受賞歴があります。

映画、NHK大河ドラマ、NHK連続テレビ小説、2時間ドラマ、Vシネマ、ナレーション、バラエティー番組など活躍の幅はとてもく、知名度も高いです。

アジアの外国映画や内外合作映画にまで出演し、とても有名な名俳優でした。

しかし、昨年2月21日に急逝されました。

その後も収録済みのバライティ番組、ドラマ、ドキュメンタリー番組が放送され、生涯俳優を貫きました。

大杉漣さん一周忌を迎える

昨年2月20日に千葉県でドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の撮影を朝から行い、共演者と食事に行きました。

その後ホテルの部屋に戻り、日付をまたいだ21日の0時ごろ体調不良を訴え、松重豊と関係者らに付き添われ救急病院へ向かいました。

病院に到着した時にはすでに重体であり、集中治療を継続しましたが容態は悪化し、家族やドラマ関係者、共演者に見守られながら息を引き取りました。

2018年2月21日午前3時53分のことであり、死因は急性心不全でした。

21日に一周忌を迎えました。

亡くなる直前まで収録し、レギュラー出演をしていた「ぐるナイ ゴチになります!」では、大杉漣さんの映像とともに「あれから1年経ちました。大杉さんはいつまでもゴチファミリーです」とメッセージが放送されました。

大杉漣さんが出演していた散歩番組「大杉漣の漣ぽっ」は番組ツイッターでメッセージを綴っています。

亡くなる直前まで撮影をしていたテレビ東京連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」の公式ツイッターでもメッセージが綴られています。

一周忌を迎えた大杉漣さんですが、これからも多くの人から愛され、たくさんの人の心の中で生き続けるでしょう。

おすすめの記事