ワンピースの出世頭といえばバギーだけどコビー大佐もすごいよ!

ワンピースで一番出世したキャラは四皇になったバギーでしょう。

しかし、バギーはクロコダイルとミホークとセットで考えたほうがよいのは間違いありません。

また、元ロジャー海賊団の一員というのも海軍が過大評価している一因ですね。

そして、自分の力だけでのし上がった一番手と言えばコビーを置いて他にはいないでしょう。

Contents

恩人でありながらルフィと敵対する関係

『ONE PIECE(ワンピース)』には、ルフィのライバルになりそうなキャラが何人か登場します。

というよりも、もはや敵は海軍と四皇のうちのティーチのみと言っていいかもしれません。

バギーはもちろん、クロコダイルもミホークも麦わら海賊団と一悶着ありながら、すでに対決は完結しているような状況です。

シャンクスとは言わずもがなですが、最後はシャンクスと闘うのかも知れませんがそれは最後までのお楽しみですね。

そして、コビーですが読者からも「急成長しすぎ!」との声があがっているのです。

ルフィと出会ったときのコビーはひ弱で泣き虫な少年といったイメージキャラクターでした。

海賊アルビダの船で雑用係をさせられていたコビーは、彼女の前では恐れてヘラヘラと媚びを売るような描写も描かれます。

そのネガティブさに、ルフィからも「オレ お前キライだなー」と言われてしまうほど。

しかし、ルフィの姿勢に感化されたコビーは夢であった海軍に入隊します。

海軍の英雄であるガープの厳しい特訓と真面目で努力家な性格のおかげで、肉体的にも精神的にも鍛えられ凄まじい成長を遂げるのです。

頂上戦争ですでに成長の片鱗が

コビーの精神的成長を象徴するのが、頂上戦争での「もうやめましょうよ」「命がもったいない」のセリフ。

アルビダにビビっていた少年が、雲の上の存在である海軍大将のサカズキに立ち向かった場面です。

「コビーがこんなこと言えるなんてビックリ」
「海兵が海軍大将を止めるって、よく考えるととんでもないシーンだよな」

と作中屈指の名シーンとしても語り継がれています。

また、その戦争中の極限状態に置かれたことがきっかけで、コビーは「見聞色の覇気」が使えるようになりました。

その後は機密特殊部隊「SWORD」の隊員に選ばれるまでに成長。

ガープからも「海軍の未来」と呼ばれ、期待を寄せられています。

出世のきっかけになったともいえるロッキーポート事件では、巻き込まれそうになった市民を守り、

「ロッキーポート事件の英雄」として一般の人たちからも知名度が高い存在になりました。

覇王色の覇気も!?

さらにハチノスで戦った際に黒いエフェクトが描かれていることから、

『ONE PIECE』の強キャラの特徴ともいえる「覇王色の覇気」が使える可能性も出てきています。

ストーリーが進むにつれてコビーの成長と出世の早さにビックリさせられますが、

今後の活躍が気になるファンは多いはずです。

2023年8月31日から配信されているNetflixシリーズの実写ドラマ版『ONE PIECE』では、ルフィと対をなす海軍側の主人公のような描かれ方をしていました。

Netflix版は続編の制作も決定しているので、実写での活躍も大いに期待できそうです。

コビーの声優は?

コビーの声を担当しているのは土井美加さんです。

御年69歳の大ベテランですよ。

メインキャラを演じることは少なく、コビーの他ではモンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ(エレナ) ・とある魔術の禁書目録Ⅲ(親船最中) ・蟲師(ぬい) ・東京喰種トーキョーグール(松村キエ)などがあります。

ネットの声

「コビーがさりげなくヘルメッポにタメ口使ってるのいいなあ」

「コビーってリスペクトの塊だから見てて気持ちいいんだよな」

「コビーは海軍の本物の正義で最終的に海軍を率いる人物になるってずっと信じて見てる。」

Twitterでフォローしよう

pick up