今だから明かす…志村とカトちゃんとドリフの関係

2018年の話ですが…。

『たけしが行く! わがままオヤジ旅3 古都金沢…爆笑珍道中』(テレビ東京系)は、ビートたけしが親友である島田洋七らと金沢を旅するロケ番組のことでした(4月14日放送)。

カトちゃんがスペシャルゲストで登場

ザ・ドリフターズのカトちゃんがスペシャルゲストとして出演、たけしとお笑い談義を繰り広げました。

かつては『8時だョ! 全員集合』と『オレたちひょうきん族』という人気番組に出演するライバルとして激しい視聴率争いを繰り広げてきた2人。

貴重な共演を果たしたことになります。

先輩である加藤がたけしのことを「たけしくん」と呼び、たけしが後輩らしく気を使っている姿が印象的な番組でした。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

志村けんがドリフに加入したいきさつ

2人の会話の中で特に興味深かったのが、1974年に荒井注がドリフから脱退して、付き人だった志村けんが加入したときのエピソード。

荒井注の脱退はドリフのメンバーにとっても青天の霹靂だったのです。

これまで通りのコントを続けていくためには、新しくメンバーを加えるしかありません。

当時、ドリフには新メンバーの最有力候補と噂されている人物がいました。

ドリフの付き人を務めていたすわしんじです。

たけしも番組内でこう述べていたのです。

「俺らは見てて、笑い取るのはあの当時ブルース・リーのが取ってたような気がするんだよね。だけど志村のけんちゃんは、どうして勝ったのかなっていうと、ネタが広いのかね」

なぜすわではなく、志村が選ばれたのか…。

この素朴な疑問に対して、カトちゃんは意外な答えを返したのです。

実は、いかりやの当初の予定では志村でもなくすわでもない、別の人物を加入させる予定だったというのです。

「長さん(いかりや)がね、荒井さんと同じ年のやつを入れようと思っていたのよ」

その人の名前は豊岡豊。

「豊岡豊とスウィング・フェイス」というバンドのリーダーとして指揮者を務めていた人物です。

いかりやは、個人的に親交が深く、笑いのセンスもあった豊岡を加入させようとしていました。

しかし、カトちゃんはそれに反対したのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

カトちゃんが志村を推した

ドリフのコントの作り方もよく分かっている志村を加入させた方がいい、といかりやを強く説得したのです。

結果として、いかりやが折れて、新メンバーは志村になったというのです。

実は、これは今までお笑いファンの間で知られてきた定説を覆す衝撃的な事実です。

なぜなら、いかりや長介の自伝本『だめだこりゃ』(新潮社)でも、番組プロデューサーである居作昌果の著書『8時だョ!全員集合伝説』(双葉社)でも、いかりやが「新メンバーは志村しかいない」と初めから決めていたように書かれていたからです。

ドリフに加入した志村は、初めのうちはなかなか活躍できなかったものの、「東村山音頭」のギャグなどをきっかけに頭角を現し、カトちゃんと人気を二分するドリフのエースとなりました。

そこから現在に至るまで、志村はテレビやライブで長年にわたりコントを演じ続けるお笑い界のレジェンドとなったのです。

この話を聞いたたけしは、自分を脅かすような存在の志村をあえて加入させたのがすごい、と加藤の行動に感心。

カトちゃんによると、自分だけが笑いを取る役目を課せられていて、それを重荷に感じているところもあったのだといいます。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「豊岡って人が入ってたらドリフ終わってたかもな…」

「志村の実力を本当に理解してたのがカトちゃんだったってことがすごい」

「意外といかりやさんてダメダメなんだよね」

おすすめの記事