皆さんが今住んでいる県の評判や地域性はどうでしょう!?

今回は住みたくない県ランキングで上位となっている県について見ていきましょう!

住みたくない県1位は沖縄県

住みたくない県ランキングの1位となったのは、沖縄県です!!

沖縄県は1年中暖かく、海も空も青く綺麗で旅行や観光にはもってこいの場所ですよね!

しかし、住むとなれば話は別のよう…

貧困…災害…左翼運動…さらに差別まで!

平均賃金は安く、子供の貧困率も断トツでトップなんだとか…

そのため中学生の売春が横行しているという噂も耳にするほど…

そして台風の直撃率は高く、災害も多いため、住みにくい…

沖縄米軍基地に反対する反日左翼運動も見られ…

なんといっても住みたくないと思わせる一番の理由は、

沖縄県民の人間性はとにかく閉鎖的であり、とても特殊なものだといいます。

沖縄県民以外の人を示す「ナイチャー」という言葉が存在するようです。

沖縄県民は「ナイチャー」という言葉を用いて、本土の人を悪く言い、差別的に扱うことが多いそうです。

やはり「観光は楽しいけど住みたくない」という意見が多くみられます。

住みたくない県2位は大阪府

住みたくない県ランキング2位は大阪府です。

大阪府も観光地はたくさんあり、観光に訪れる方は多いですが、住んでみると様々な問題が見られるようです。

特に重視されるのは、治安の悪さが目立つことです。

貧困率や犯罪率も高く、子供の貧困率は沖縄に続いて2位、犯罪率は1位です。

関西弁で言葉が汚く思われたり、街の汚さも目立ちます。

また関西人独特の誰とでも打ち解けようとするフレンドリーさは、デリカシーのないように捉えられているようです。

実際に住んでいた人は「治安が悪すぎる」「子供を育てるには環境が悪すぎる」「変な人がいる」などとイメージは悪すぎるといいます。

住みたくない県3位は高知県

住みたくない県ランキング3位は高知県です。

高知県とは意外ですよね…

理由としてあげられているのは貧困さと自然豊かなことが仇となり、陸の孤島とも言われています。

山に囲まれているため、交通の便がとても悪いようです。

瀬戸内海のほうから車で高知県に行こうとすると険しい山道が多くあり、運転中も常に気を張っていなければなりません。

さらに雪、大雨、台風で通行止になることも多々あるといいます。

平均所得も低く、仕事もないので貧困率も高いそうです。

住みたくない県ランキング4位は京都府で、プライドが高くケチな人が多いためと人間性を指摘する意見が多かったようです。

住みたくない県ランキング5位は静岡県で、南海トラフ大地震が起きた場合の死者が最大になるとされているためです。

おすすめの記事