「日本と比べ物にならない」渡辺直美がニューヨークのインフレ事情を告白

渡辺直美(34)が6月27日放送の日本テレビ「しゃべくり007」に出演。

番組の中で活動拠点のニューヨークでの食費事情を明かしました。

朝食が7,000円!?

帰国後初のバラエティー番組に出演した渡辺直美。

まずはニューヨークでの生活を告白

休みの日はセントラルパーク付近を

「お散歩したりとか。ニューヨークの人たちは(私のことを)知らないので、堂々と散歩したり」

とNYでの過ごし方を明かしていました。

そして、食事について聞かれると…

「高いんですよ、ニューヨークって。飯が本当に日本と比べ物にならないぐらい高くて」

と、とにかくお金がかかることを告白したのです。

「それこそ朝ご飯で、目玉焼きとパンとツナサラダ食べたら7000円ぐらい」

と朝食とは思えない金額を明かします。

すると、しゃべくりメンバーは「えー」「そんなに??」と衝撃を受けていました。

https://twitter.com/smile210389/status/1543823454335823872

ハンバーガーは2,400円

納得のいかない有田哲平は、

「それはそういうところに行ってるからでしょ」

と信じられない様子。

堀内健が「ハンバーガーが今1000円ぐらいでしょ?」と聞くと、

「いや、もっと。2400円とか。ガンガン高いんですよ」

と渡辺直美。

有田からの

「それはセレブの屋上とかで食べてるからでしょうが」

という指摘には

「勝手に決めつけないでください」

と、決して高級料理店などで食べているわけではないと否定していました。

2人で2万円…そのうえチップも

有田は「量の話じゃないの?」と食い下がります

「本当に普通の量。大盛りとかにもしてない」

とこれも否定。

さらに

「ランチとかしたら2人とかで2万円。そこにプラスしてチップも払わなきゃいけない」

と想像以上のNYの金額の高さにしゃべくりメンバーは驚きを隠せませんでした。

https://twitter.com/zudamanbo/status/1541515994094800896

ネットの声

「ニューヨークのインフレはものすごいってあちこちから聞こえてきます。ニューヨークだけじゃなくて世界中のあちこちから。それを考えると日本はよく抑えてるほうなのかも。もっとも給料が上がらない中で物の値段が上がったら、さすがに暴れ出すでしょうね。選挙期間だし」

「行き着くところは、海外で働いて休暇は日本、その向こう側には日本は老後を過ごす場所になって、正真正銘の年寄りばかりの国になってしまいそう…」

「NYに住んでる小室夫妻(無職夫婦)は生活できてるのかな??」

Twitterでお届けします

pick up