文春による『イッテQ!』のお祭り企画ヤラセ報道。

企画の当面休止が発表されてしまう……。

突然の事態にファン騒然。「宮川大輔がかわいそう」「ショック…」

 

 

 

『イッテQ!』のお祭り企画の休止が発表される・・・

イッテQ!

<出典:NEWS まとめもりー>

 

人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』にてヤラセがあったとする報道。

週刊文春によって暴露された今回の問題に「日本民間放送連盟(民放連)」が会見を開きました。

 

 

 

 

・製作陣の拡大解釈によって無理が生じた

イッテQ!

<出典:NEWS まとめもりー>

 

『イッテQ!』でヤラセがあったと報道されたのは

お笑いタレント・宮川大輔さんの参加お祭り企画「橋祭りinラオス」

問題視されているのは、この「橋祭り」がそもそも存在せず、番組サイドが作り上げた”でっち上げ”だったとする指摘です。

 

 

11月15日に開かれた民放連定例会長会見に出席した大久保社長はこの騒動に陳謝。

 

「多くの関係者の皆様にお詫び申し上げます」

 

そして「イッテQ!」については

 

「イッテQ!という番組は、ロケ先やスタジオで起きたことをありのままに伝え、ありのままに見せることを大切にしてきた番組」

 

と前置きし、

 

「今回の報道各社のご指摘、ご批判を受けて改めて見直しますと、番組の制作陣が祭りの企画の解釈を拡大しすぎて、視聴者の皆様が『祭り』という名前でイメージするには無理があるものまで祭りとして扱ってしまった

 

と説明しました。

 

 

祭り企画の「祭り」を拡大解釈したが故に、制作サイドと視聴者との間でイメージに差ができてしまった。

これは「橋祭り」の祭りらしからないことへの説明でしょうか。

制作段階ですでに無理がある状態だったようですね。

 

これまでの公式見解を訂正・・・番組の祭り企画は当面休止

イッテQ!

<出典:NEWS まとめもりー>

 

日本テレビが文春の暴露直後の11月8日に発表した

「番組がセットを設置したり参加者に賞金を渡したという事実はない」とする旨の見解についても

 

「コーディネーター会社を通じて賞金、謝礼を支払っているとのことでした」

 

と事実を認めました。

さらにこのコーディネーター会社について

 

「現地のコーディネーターも外部の人間とはいえ我々の大切な協力者であり、番組の成立に不可欠な存在です。番組サイドの方であることに間違いない

 

と述べました。

 

 

今後『イッテQ!』では祭り企画の当面休止を発表し、「橋祭り」以外の祭り企画についても

「調査中」とのことです。

 

ネットの反応

頭の中がとてもおめでたい。 ヤラセだったら企画じゃなく、番組打ち切りなのが当たり前。

 

残念やなぁ…男祭りおもろかったんやけどなぁ

 

わざわざ新しく祭を探さなくても、過去に勝てなかった祭のリベンジだけで十分面白かったのになぁ。

 

 

 

 

初めの文春報道から約2週間に渡って騒がれたイッテQ!のヤラセ問題ですが

コーディネート会社の判断や制作スタッフの解釈違いなど色々とダメなところがあったようですね。

祭り企画の当面休止ということですが、ラオスはこの件にどう反応するのか今後も注目したいところです。

おすすめの記事