木村拓哉と工藤静香の娘・Koki,の出演経験ナシで映画賞受賞に否定意見続出!?

「エル シネマアワード2018」に疑問視する声「ゴリ押し?」

一方、「本人のためにならない」との声も。

 

 

 

木村拓哉の娘・Koki,が出演経験なしで映画賞を受賞し否定意見続出

Koki,

<出典:Twitter@fashionsnap>

 

元SMAPの木村拓哉(46)と歌手の工藤静香(48)の娘・Koki,が「エル シネマアワード 2018」を受賞。

 

映画出演経験が一切ないにも関わらず、映画賞の受賞にネットでは疑問の声が上がっています。

「ゴリ押し」や「本人のためにならない」といった指摘も。

 

 

 

 

Koki,

<出典:Twitter@oricon>

 

11月26日に「エル シネマアワード 2018」の授賞式が行われKoki,が登場。

 

 

Koki,といえば2018年5月28日にファッション雑誌『ELLEjapan』でモデルデビュー。

 

同年8月9日には高級ブランドの『ブルガリ』でアンバサダーに日本人はつ最年少で就任するなど大注目の人物。

 

 

 

今回Koki,が受賞したのは「エル・ガール ライジングスター賞」で公式サイトによると

 

「今後の活躍が期待される女性に贈られる」

 

 

とのこと。

 

 

映画賞であるにも関わらず、Koki,は映画に出演経験が一切ないため、受賞そのものに対して疑問視する声が寄せられています。

 

「エル シネマアワード2018」に「ゴリ押し」の声

Koki,

<出典:Twitter@oricon>

 

「エル シネマアワード」で「ライジングスター賞」を受賞したKoki,にネットでは否定的意見が多数寄せられる事態に。

 

 

 

・「Koki,初めて見たとき可愛いと思ったんだけど、最近のゴリ押しのたびになんだかなあって。見たくなくなってくる」

 

 

 

・「映画の賞なのに?映画に出たことないって意味わからん。野球したことない人間が沢村賞とるか??」

 

 

 

・「今後の活躍を〜ってそれ誰でもいいてことじゃんw」

 

 

 

無理やり枠を作った感はネットでも指摘されており、Koki,が「ゴリ押しされている」と穿った見方をする人も。

 

 

「本人のためにならない」「かわいそう」Koki,を心配する声

Koki,

<出典:Twitter@modelpress>

 

Koki,や「エル シネマアワード」に否定的な声が集まる一方で、「本人のためにならない」との声も。

 

 

 

・「映画に出る人のための賞でしょ?こんな風に無理やり出しても、本人のためにもよくない気がする…」

 

 

 

・「まあ戦略的なものがあるとはおもうけど、ここまで露骨だとねえ。今の時代にこれは逆に本人のためにならない」

 

 

 

・「業界がこの子を推してるのがひしひしと感じられる・・・けどハードル上がりすぎじゃない?」

 

 

 

 

才能があると期待されるだけに、順調にキャリアアップを目指して欲しいとの声が目立っています。

 

おそらくは近いうちに映画の出演が決まっているのでしょうけども、今回は先走った感が拭えないですね。

おすすめの記事