岸部四郎の思い出…スパイダースから西遊記…そして

岸部四郎さんの代表作『西遊記』 ひょうひょうとした名脇役でした。

俳優・タレントの岸部四郎さんが、2020年8月28日に亡くなりました。

拡張型心筋症による急性心不全で、千葉県の病院で亡くなったことが9月15日に報道されました。

享年71歳でした。

楽器が弾けないのに「ザ・タイガース」に加入

岸部さんは1949年の京都市生まれ。

9人きょうだいの四男でした。

『相棒』(テレビ朝日系)などに出演している俳優の岸部一徳さんは、2歳上の実兄になります。

憲兵だったお父さんは、終戦後は趣味の世界に生き、実家は経済的には厳しかったそうです。

岸部さんは中学に入ると、ラジオで洋楽に熱中するようになります。

音楽雑誌「ミュージック・ライフ」も熟読し、ビートルズなどの最新音楽情報に精通していました。

岸部一徳さんが沢田研二さんらと1966年に結成した「ザ・タイガース」には、遊学先のLAから呼び戻される形で1969年に加入。

加入時にはギター演奏ができなかった岸部さんですが、もっぱらMCを担当し、人気者になっていきます。

バンドメンバーからも可愛がられたそうですから、憎めない魅力の持ち主だったようです。

円谷プロが特撮を担当した『西遊記』

1971年に「ザ・タイガース」は解散しますが、岸部さんはタレント、俳優として売れっ子になります。

俳優としての代表作は、なんといっても1978年に放映された『西遊記』(日本テレビ系)でしょう。

特撮パートは円谷プロが担当。

脚本は『ウルトラマン』(TBS系)でおなじみの佐々木守氏、『まんが日本昔ばなし』(TBS系)で知られる沖島勲氏らが手掛けていました。

孫悟空役には元「ザ・スパイダース」の堺正章さん、猪八戒役には個性派俳優としてブレイク中だった西田敏行さん、

そこに関西弁でしゃべる沙悟浄役の岸部四郎さんが軽妙に絡むというコメディ色の強い配役でした。

3人はアドリブ感満載のやりとりで、視聴者を楽しませました。

三蔵法師には、夏目雅子さん。

この起用は好評を博し、以降の日本で作られる『西遊記』の三蔵役はその時代を代表する美人女優がキャスティングすることが踏襲されるようになります。

『西遊記』放送時の夏目さんは20歳、いちばん年長の堺さんは32歳、西田さんは30歳、岸部さんは29歳でした。

当時はずいぶん大人に見えた4人ですが、思いのほか若かったことに驚きます。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

最終回は視聴率27.4%を記録

ケンカっぱやい孫悟空、女に弱くて食い意地の張った猪八戒との間に、ひょうひょうとした沙悟浄が入ることで、うまくバランスが取れていたように感じます。

沙悟浄がヒッピーっぽい衣装だったのは、岸部さんのLA遊学経験の名残りではないでしょうか。

バンドに例えるなら、孫悟空は自由奔放はギター、猪八戒はワイルドなドラム、そして沙悟浄はクールなベース。

個性的な3人がサポートすることで、三蔵法師は長い長い旅(ツアー)を続けることができたのです。

1978年の『西遊記』には、陽気なトラベリングバンドを思わせる魅力がありました。

ゴダイゴが演奏する「ガンダーラ」も、とても印象に残るエンディング曲でした。

「そこに行けばどんな夢もかなうというよ」
「その国の名はガンダーラ。どこかにあるユートピア」

タケカワユキヒデさんの歌声が流れると、「あぁ、日曜日が終わったんだなぁ」としみじみとしたものです。

最終回は番組史上最高となる視聴率27.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した『西遊記』ですが、

結局のところ三蔵たち一行は目的地である天竺(インド)には到着できないままでした。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

2013年の東京ドーム公演に参加

岸部さんが1996年に執筆した著書『岸部のアルバム』(夏目書房)を読むと、大変なこだわりのコレクターだったことが分かります。

明治の文豪たちの初版本、工芸品、ブリキの玩具、ヴィンテージジーンズなど、お気に入りのものをいろいろと収集していました。

司会業などで稼いだギャラは、貯金することなく使っていたようです。

1995年に日本公演を行なった人気ギタリストのエリック・クラプトンには、大事にしていたヴィンテージジーンズをプレゼントしています。

世間で言われたような「ケチ」ではないと、『岸部のアルバム』には記されています。

2007年に14歳年下の再婚した奥さんを亡くし、それ以降は塞ぎ込むことが増え、体調も崩しがちになったようです。

そんななか、2013年に再結成した「ザ・タイガース」の東京ドーム公演には、車椅子姿でステージに参加しています。

バンド仲間たちとの久しぶりの再会に、笑顔を見せていました。

劇場アニメ『あしたのジョー』(1980年)、『あしたのジョー2』(1981年)では、体はデカイのに小心者のマンモス西役を声優としてうまく演じていました。

バンドブームを題材にした映画『アイデン&ティティ』(2003年)では、GS時代を懐かしむ音楽プロダクションの社長役を人間くさく演じて見せました。

ひょうひょうとした風貌を活かし、名脇役として活躍した岸部さん。

愛する奥さんが待っている「愛の国」ガンダーラへ、静かに旅立ったのではないでしょうか。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「西遊記、名作ですね。ドラマもおもしろかったし、ゴダイゴの歌うモンキーマジック、ガンダーラも大好きでした。
岸部さんの沙悟浄もよかったなぁ。ご冥福をお祈りいたします。」

「しっかりと記憶に残っている。それほど強烈で、夢中になって見ていたのだろう。リアルタイムに見れて幸せだし、その分、亡くなられたことに対する虚脱感は大きい。」

「実はコロナ禍においてテレビ神奈川(TVK)で「西遊記」再放送してましたね。ジェームス三木も脚本を担当していて三木さんの回は異色で面白かったです。それにしてもあのキャスティング・脚本・特撮…すべてにおいて奇跡ですよね。今見ても十分楽しめる作品ですよ!」

晩年は辛い人生のように傍目には見えましたが、実はゆったりとした生活を送っていたのでしょうね。

おすすめの記事