先日、不動産王との熱愛が報道された女優の深田恭子さん。

しかしその報道は新ドラマのための話題作りなのでは?!と言われているようです。

果たしてその真相は…?!

深田恭子の熱愛報道はデマ?!

1月7日付の「スポーツニッポン」では女優の深田恭子さんとシーラホールディングスの杉本宏之会長の交際報道が。
同誌によると、正月には双方の親族へあいさつに訪れたとのことですが、なにやらこれに「大人の事情」があるのではと言われております。

というのも、深田恭子さんは1月15日スタートのドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の主演なのです。
1月8日に都内で制作発表会が行われたのですが、その際に報道陣から熱愛についてたずねられると、

「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」と交際をキッパリ否定したのです。

そして恋人と報道された杉本会長は1月7日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)の電話取材に対し、
「仕事のこと以外のプライベートなことはお答えできません」と、否定も肯定もしなかった様子。

うーんなんだかタイミングが出来過ぎていましよね。
やっぱり熱愛報道はデマなのでしょうか。

ドラマの話題作りの可能性が高い理由とは?!

深田恭子

このようなタイミングが完璧すぎる状況をみて、
女性芸能記者は以下のように語っているそうです。

 

「日拓グループの西村拓郎社長と結婚した神田うの、京楽産業の榎本善紀社長と結婚した伊東美咲らに続き、
深キョンも起業家の嫁に仲間入りするのではないか、ZOZOの前澤友作社長と交際中の剛力彩芽を抜いてゴールインするのではないかと注目されていますが、

一部では深田の新ドラマ主演のための“バルーン記事”、つまり疑似熱愛報道ではないかとの見方もあるようですよ。
TBS系の火曜夜9時枠は前クールで有村架純主演の『中学聖日記』で、中学生と教師の恋愛は淫行じゃないのかというマイナスの話題性が広まり、いい結果が出せませんでした。

そのため、今度の深田の新ドラマのために、事務所側が誰も傷つかない熱愛という話題を“作った”のではないかという噂があるそうです」

男性女性問わず人気のある深田恭子さんですから、熱愛報道は新ドラマに対しての話題作りに十分なりえるんですね。

確かに、新しいドラマみちゃおうかなって気になってしまいますよね。
芸能界の熱愛報道はこんな大人の裏事情も含まれているのかもしれません。

おすすめの記事