細木数子の姿が全く見えないと思いきや、なんと後継者が娘になっていたことが判明。

娘の細木かおりって一体どんな方なのでしょうか。

詳細はこちら。

細木数子の後継者が娘・細木かおりへ

最近全くメディアに姿を現していない細木数子。
ネットでは死亡説も出ているようですが、実は後継者が決まっていたことが判明。

それも、娘の細木かおりさんというかたが後継者だというのです。

細木数子さん(80)は毎年1月2日に、初詣会を京都にて開いている様子。
その初詣会は参拝者を集めて説法を行う催しで、これまでは歯に衣着せぬ発言が注目を集めてきまし。

しかし、今年はその初詣会にある異変が起きていたというのです。

なんと細木数子さんは初詣会に姿を見せず、代わりに壇上に立ったのは、後継者の細木かおりさん(40)だったそう。
ここに来て後継者が変わるとはいったいどういうことでしょう。

細木数子の娘・細木かおりとは?!

その後継者の細木かおりさんとは一体どんな方なのでしょうか。

実は細木数子さんは昨年から19年にかけて大殺界に突入し、近年は体調不良が噂されていました。

細木数子さんの初詣会の参加者はこのように述べています。

「細木先生は昨年夏前に体調を崩されたそうですが、今回の欠席はあくまで大事を取ってのこと。

ただかおりさんは細木先生について『年齢的なこともあり、今後は表立った活動の場には出なくなってくると思う』と“引退”宣言!かおりさんが活動をひとつひとつ引き継いでいくとおっしゃっていました」

「後継者のかおりさんはもともと細木さんの妹の娘、つまり姪っ子でした。家庭の事情で3歳まで細木さんのもとで育てられたこともあり、本当の母のように慕っていました。

そして10年ほど前、かおりさんは細木さんから『後継者になってほしい』と頼まれたそうです。そのため16年に養子縁組し、戸籍上でも母娘になったのです」

細木かおりさんは、母親となった細木数子さんの勧めもあり、19才で結婚し、現在は3人の子どもがいるそう。
画像を見る限り、とても若く美魔女という言葉がしっくりきますね。

また、かおりさんは14年から細木のマネージャー兼アシスタントを務め、後継者としての活動開始。
個人鑑定を行うかたわら、18年12月には細木と共著で新版『幸せになるための先祖の祀り方』(飛鳥新社)を出版。

そこに掲載されていたそのプロフィール欄にはかおりさんが「後継者」として紹介され、文中でもこのようにつづられています。

“私は幼い頃から母とともに過ごす時間が長く、母がおこなっているさまざまな活動を見ながら育ちました。

母の教えを受け継いでいきたいと思っております”

細木数子さんといえば「地獄に落ちるわよ」等、歯に衣着せぬ物言いが特徴的でしたが、
かおりさんは、自らの鑑定会を「Kaorism」といったり、SNSを始めたり、カラーが全く異なるそう。

今後の活躍にも期待したいですね!

おすすめの記事