濱田祐太郎の盲目と芸人になった理由がコチラ!趣味・特技も凄かった

『濱田祐太郎の盲目と芸人になった理由がコチラ!趣味・特技も凄かった』   それでは、早速本題へ入っていきましょう!    

Contents

濱田祐太郎のプロフィール

  名前:濱田 祐太郎(はまだ ゆうたろう) 出身地:兵庫県神戸市 生年月日:1989年9月8日 身長:171cm 体重:85kg 血液型:O型 所属:吉本興業    

濱田祐太郎が盲目の理由

  盲目のピン漫談家として話題になり注目を集めている濱田祐太郎さんですが、先天性緑内障(発達緑内障)という病気が理由で、生まれつき目が見えないんだそうです。   先天性緑内障とは、隅角という部分の発育異常によって、それが原因で眼圧が上昇し、視神経が障害されることによって、目が見えないという症状が起きてしまうようです。   因みに日本での発症頻度は、約3万人に1人が先天性緑内障という病気を抱えているとのことです。   この病気は目が見えないだけではなく、涙が多く流れたり、光がまぶしかったり、瞼がけいれんするなどの症状が現れるそうです。   現在、濱田祐太郎さんの目の状態は、左目は見えなく、右目だけが明暗程度の判別ができるようです。    

濱田祐太郎芸が人になった理由がコチラ!

  右目が明暗程度の判別ができるだけで、目が見えない状態の濱田祐太郎さんですが、なぜ芸人を目指し、盲目のピン漫談家になることを決めたのでしょうか?   元々、濱田祐太郎さんはお笑いが好きで小学6生のときに、たまたまテレビで『ビッキーズ』の漫才を聴いたことが芸人になる理由の始まりでした!   『ビッキーズ』の他にも、『ハリガネロック』などの芸人さんが好きだったようです!   その影響が芸人を目指すきっかけとなり、神戸の『視覚特別支援学校』を卒業後に、『吉本総合芸能学院(NSC)』に入学しました!   NSCに入学する為に濱田祐太郎さんは自らアルバイトで働きお金を貯めて入学したとのことなので、それだけ本気で芸人さんになりたかったのが伝わってきますよね!   そこで努力した結果、今では盲目のピン漫談家として注目されるようになり、そして今回『R-1ぐらんぷり2018』の決勝にも進むことができたので、ぜひ優勝を目指して掴み取って欲しいなと思います!    

濱田祐太郎の趣味・特技が凄かった!

  目が見えなくて日常生活でも不自由なことが多いと思いますが、それを全く感じさせない濱田祐太郎さんの意外過ぎる趣味や特技を持っているので紹介したいと思います!   濱田祐太郎さんの趣味がコチラ!  
  • フォークギター
  • アコースティックギター
  • フィンガーピッキング
  • 大食い
  というのが趣味なんだそうです!   濱田祐太郎さんはギターが好きなようですね!   『フィンガーピッキング』というのは、ピックを使わずに指先と爪だけを使う演奏方法なのだそうですが、非常に手先が器用なんでしょうね!   まぁ、その後に紹介する特技で、濱田祐太郎さん手先がどれほど器用なのかが分かるかと思います!   また、大食いが趣味っていうのもいいですよね!   濱田祐太郎さんの身長は171cmの体重が85kgで、見た目は全然太っているように見えないので、たくさん食べて筋トレとかしているのかもしれませんね!   中々ガッチリとした体格だなと思います!   続いて、濱田祐太郎さんの特技がコチラ!  
  • あんまマッサージ指圧師
  • 針師
  • 自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊けること
  濱田祐太郎さんは、『あんまマッサージ指圧師』と『針師』の資格を持っているので、やはり手先が器用だというのが分かります!   ただ手先が器用というわかではなく、濱田祐太郎さんは盲目ということで目が見えないので、感覚というのも普通の人と比べて優れているのかもしれませんね!   特技の一つに『自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊けること』とありましたが、きっと濱田祐太郎さん拘りがあると思うので非常に気になります!(笑)    

まとめ

  今回は、『濱田祐太郎の盲目と芸人になった理由がコチラ!趣味・特技も凄かった』についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?   濱田祐太郎さんのことについて調べるほど、芸人として披露しているネタでもそうですが、盲目というハンデを打ち消すかのように日常生活を送っている濱田さんは凄いなと思いましたし、とても尊敬しました!   テレビの前で濱田祐太郎さんのお笑いネタを聴いている盲目の方にとって、とても勇気づけられていると思うので、今度の活躍も期待して応援していきます!   それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます!   最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!   Rui。  ]]>

Twitterでフォローしよう

pick up