イライラしたり、疲れやすいのはグルテンアレルギー?

その症状、小麦粉等に含まれるグルテンを取らない

グルテンフリーで治せるかも!?

 


 

グルテンフリーで健康になる!

グルテンは穀物に含まれる「グリアジン」と「グリテニン」が水を加えて結合したものです。

うどんや、パンなどの生地をまとめている成分です。

「グルテンフリー」とは、グルテンを抜いた食事方法またはグルテン未含有の食品を指します。

小麦が主流のアメリカでは、テニスのノバク・ジョコビッチやモデルのミランダ・カーなどが

グルテンフリーを実践したところ、健康になり成績が上がった、美しく痩せたと話題になりました。

 

<出典:役立つネッと!>

グルテンフリーの食生活が健康に与える影響は、まだ医学的には証明されていないませんが、

グルテンフリーを実践した声としては、腹痛、生理痛、めまい、疲労感や肌荒れなどが

改善された、体質が変わり体重が減少するなど、ダイエット効果があったという声もあるそう。

これは実はグルテンアレルギーが改善されている可能性があるんだそうです。

 

 

隠れグルテンアレルギーという場合も…

グルテンフリーは、もともとはグルテンの含まれるものを食べると

アレルギー症状の発症する人たちの体質改善を目的とした食事療法です。

そして、食事療法から食事方法となり、欧米ではグルテンフリーのレストランが

オープンするなど一般に定着しつつあります。

最近では、アメリカの大手スーパーのTrader Joe’sなどが

グルテンフリーになるカリフラワーニョッキを発売したり等、

とても注目されています。

<出典:popsugar.com>

グルテンアレルギーの症状は多岐にわり、

アレルギーを持っていても自覚がないことが多いんだとか。

グルテンフリーの食事を2週間試してみると、

「疲れやすい」「すぐにイライラする」などの不快な症状が

改善されるかもしれません。

生活の中で加工食品、パンやピザなど小麦製品の摂りすぎを改善することも効果があるそうです。

 

 

和食はグルテンフリーに近い

私たちの慣れ親しんでいる「和食」、実はグルテンフリーにとても近い食事です。

「和食」は主食にお米を食べ、無添加の調味料に新鮮な食材でグルテンを使わずに調理をする為、

ほとんどグルテンフリーです。
和食 グルテンフリー
<出典:Vegewel Style>

味噌・醤油・糠漬けや、納豆などの発酵食品も腸内細菌のバランスを整えることで、

免疫力をアップさせることができます。

つまり、日本食を食べている私たちは無理なく続けています。

グルテンフリーの食材は、例えば麺類は、フォー・しらたき等で

置き換えができるので、和食と組み合わせるとグルテンフリーを簡単に実践できそうですね。

 

[media groove]

 

海外では、話題のグルテンフリーは実は日本人には

とても実践しやすい食事方法です。

長時間労働のストレス社会を生きる日本人は、

普段の和食に少しグルテンフリーをとりいれることで、

健康生活を送ることができるかもしれません。

おすすめの記事