『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』役にのめり込みすぎて武術を極めた岡田准一の困ったこと

岡田准一 武術極めた代償「人を抱きしめられなくなりました」

「『少しかじった程度でしょ?』と思われたくなかったからですかね。これまでさまざまな武術や格闘技を修めてきて、あとは今取り組んでいるブラジリアン柔術を修得すれば、ようやく僕なりの完成形に到達します」

俳優として活躍する傍ら、格闘技や武術を究め続けてきた岡田准一(40)。

その本格的な技術を見事なアクションシーンに昇華させているのが、公開中の主演映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』。

伝説の殺し屋を演じる

岡田が演じるのは、どんな相手も6秒以内に仕留めるという伝説の殺し屋・ファブル。

本作は、’19年に大ヒットした前作から、さらにパワーアップしているが、それにはこんな理由もあるそうです。

「実は今回、僕の柔術の師匠が戦闘シーンに出演しています。ブラジリアン柔術の技をかけてもらったんですが、これがものすごい技なんです。映画でやるのは世界初だと思います。知らない人には全然伝わらないかもしれませんが、ブラジリアン柔術界では“バズる”はずです!」

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ワイヤーアクションが見どころ

ほかにも今作では、ワイヤーを使った迫力あるアクションシーンも大きな見どころのひとつ。

岡田いわく、ワイヤーアクションでは、引き手とのコミュニケーションが何より大切なのだとか。

「タイミングを合わせるのがいちばん難しいので、思い切り声をかけ合いながら撮影しました。本来は話さないシーンなのですが、ファブルはマスクをかぶっていて口元が見えないので(笑)。実は僕、ふだんも映らないところで『投げますよ』とか『せーの』とか、声を出しているんです。だから録音部さんにはよく怒られますね(笑)」

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

抱きしめられなくなった…

いまや岡田の代名詞となった華麗なアクションや本格的な武術。しかしそれには大きな代償がともなっているそう。

「人を思い切り抱きしめられなくなりました。締め方がうますぎて、普通の人にとっては苦痛なんです。だから僕は、相手にそっと触れることしかできないんですよ(笑)」

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「どこを目指しているのか常人にはわからない感じも面白い。巨匠・木村大作氏にもかわいがられていたりと仕事への取り組み方は凄い。映画、観に行かなくては。」

「日本を代表するアクションスターとして、キレッキレのままでいてください。新作の度にスッキリに出演して、加藤浩次を締め落としてください。」

「先日のNHK・BSの番組で木刀を一振りで叩き折ったのにはビックリした。しかも、平然と「簡単に折れますよ」等と言い放ってた。ただ物でないのはよく分かりました。」

おすすめの記事