食べる女

8人の女性を中心に性と食を描いた映画。

原作は主に脚本家として活躍する筒井ともみの著書『食べる女』『続・食べる女』

主演には小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスなどが名を連ねる。

 

 

 

『食べる女』:作品情報

食べる女

<出典:映画.com>

 

古書店を経営しつつ雑文筆家として働いている古い日本家屋に一人で住んでいる敦子。

彼女は多くの女性たちを招いて、

「美味しいものを好きなだけ食べる」というお互いが本音を言い合える宴を開く。

そこに集まったのは野暮ったい中年の男性と関係を持つ圭子、

足りないものを感じている恋人から求婚された多実子、

恋愛に失敗ばかりしているあかりを含む

性格、年齢、職業何もかもが違う女性8人が集まる。

 

「食べる」ことと「セックス」についてそれぞれが全く違う価値観を持つということに焦点を当てた一作。

原作は脚本家として活動する筒井ともみの著作『食べる女』『続・食べる女』

筒井自身の企画と脚本により実写映画家。

 

『食べる女』予告動画

 

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスなど

一線で活躍する女優を起用し、それぞれが全く価値観の違う女性を演じる。

 

『食べる女』スタッフ&キャスト情報

・映画公開日:2018年9月21日

・原作:『食べる女』『続・食べる女』(新潮文庫)/筒井ともみ

・監督:生野慈郎

・脚本:筒井ともみ

・製作:筒井ともみ/片岡公生/宮田昌広/柳迫成彦/小林勝絵

・出演者:小泉今日子/沢尻エリカ/前田敦子/広瀬アリス/山田優/壇蜜/シャーロット・ケイト・フォックス/鈴木京香

『食べる女』:あらすじ

食べる女

<出典:映画.com>

 

古書店を経営し、自身も雑文筆家の仕事に就く女性・望月敦子(小泉今日子)

彼女は古い日本家屋に一人暮らしで住んでいます。

 

料理が好きな敦子は「美味しいものを好きなだけ食べる」という趣旨の宴を開くことに。

そこに集まってきたのは年齢、性格、職業など何もかも価値観の違う女性たち。

 

男を全く寄せ付けない編集者・小麦田圭子(沢尻エリカ)。

ドラマ制作会社に勤める白子多実子(前田敦子)。

言い寄られると断れない古着屋を営む本津あかり(広瀬アリス)。

あふれんばかりの魅力を持つ女将の鴨舌美冬(鈴木京香)。

 

などの計8人の女性たちが敦子の自宅に一堂に会します。

敦子は皆に美味しい料理を振る舞い、向かい入れたのだったが……。

 

 

「食べる」と言うことと「セックス」と言うことを題材に

価値観の違う女性8人の個性や生き様といった部分をコミカルに表現した一作。

ぜひご覧ください。

 

関連キーワード
映画】の最新記事
  • 第3の愛
    『第3の愛』【キャスト情報&あらすじ】
  • サヨナラの伝え方
    『サヨナラの伝え方』【キャスト情報&あらすじ】
  • 『恋とさよならとハワイ』【キャスト情報&あらすじ】
  • 台北ストーリー
    『台北ストーリー』【キャスト情報&あらすじ】
  • 心に吹く風
    『心に吹く風』【キャスト情報&あらすじ】
  • 『心が叫びたがってるんだ。』【キャスト情報&あらすじ】
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。