ウーマンラッシュアワー…よく知られている、吉本興業所属のお笑いグループ

2013年には、THE MANZAIの優勝者にもなっている実力派お笑いコンビなのです。

そのうちの一人、村本大輔(ウーマン村本)は、自身のTwitterを通じて政治的発言やエンタメ発言を繰り返しているのです。

最近ではカラテカ入江の闇営業と山ちゃんの結婚

カラテカ入江の闇営業は人知れず知られていたようですが、今回の吉本興業からの解雇は衝撃的なニュースでした。

また、それに関係していた吉本所属のお笑い芸人も少なからずいたようで、謝罪に追われていたのです。

ただし、謝罪も自身のTwitterなどのSNSを通じてということで、なんとなく誠意の伝わらない謝罪となりました。

まあ、とばっちりを受けたのはこっちだ、なんて感じに思っていたのでしょうね。

それは、ウーマン村本のTwitter更新にも現れていたのです。

芸人もオレオレ詐欺にひっかかった被害者のような気もする

さらに、

友達多いと大変。。友達0人でよかった。。」と、続けています。

確かに、過激な発言も多くお笑いとしての実力よりも

今では、炎上芸人として知名度があがっていることからも、

友人・知人が少ないのがわかりますね。

闇営業つながりで、

それよりおれは事務所通さずに蒼井優と結婚した闇恋愛のほうをなんとか罰してほしい

と、発信しています。

これは、お笑い芸人が人気女優を釣り上げた嫉妬のようなものを感じますね。

ウーマン村本はどうして炎上する??


ウーマン村本の発言はどうして炎上するのでしょうか。

それは、政治的発言が過激すぎるからでしょう。

何を発信しても自由、というのが世間的な風潮です。

誰もが思いの丈を発信しても問題ないでしょう。

公序良俗に反していなければと言う条件付きですが…

政治的発言は右寄りでも左寄りでも個人的な意見ですから、問題ないというのが一般的な意見なのです。

いろんな評論家がいろんな意見を持ってSNSなどで発信していますからね。

しかし、それは練り上げ抜いた考えがあってのことです。

ウーマン村本の政治的発言は、

どうしても薄っぺらに聞こえてしまう

その一点しか見ていない

という意見が多いのです。

そこには、お笑い芸人が叩かれやすい、というのもあるかもしれません。

特に最近では、

政治的発言がまずいというよりも、政権に対する批判に対して、

すぐに炎上する傾向にあるということです。

そこに、怖さを感じる人が多いのも事実でしょう。

戦闘機購入資金1兆円に噛みついた??

最近では、戦闘機1兆円購入を批判しています。

それはそれで、いいのでは?

そんな考えもあるよね…という感じです。

しかし、次の言葉に批判が集まったのです。

総額約1兆円。その額あれば被災地が元の生活に戻れる。

といった発言が問題視されたのです。

これも、そういう考えがあってもいいのでは?

と思いがちですが、

外交もないがしろにできない、政府も総額20兆円以上の予算を組んでやっている、何を根拠にしているのか

といった意見が多く、

ウーマン村本の意見に対して激しく炎上しているのです。

ネットの反応

国防と被災地復興はまた別の問題だと思うが?

とにかく薄っぺらい知識をもとにプロ市民芸人が利いた風な口を聞くのはやめて欲しい。

発信力が強い人が変なこと言うと真に受ける人も出てくるから怖い…

ウーマン村本のTwitter更新に対して批判が多く、炎上しがちなのは、

ネットの反応にもあるとおり、

発言が薄っぺらいことですね。

その場しのぎ、思いつきの発言が多く、

これを発信力の高い人が言ってるところに問題があるのです。

鳩山元首相が何を言っても叩かれるのと同じたぐいのものかもしれません。

おすすめの記事