日常の中で、欠かすことのできない歯磨き。

しかし、ほとんどの人が「絶対にやってはいけない歯の磨き方」をしているそう。

これを機に今までの歯の磨き方を改めてみませんか?

えっ!磨き方間違ってたかも?!

歯磨き1

日常生活の中で毎日していることと言えば「歯磨き」がありますよね。

中には歯磨きあんまりしない!等というビックリしてしまう人もいますが、

歯磨きを怠ってしまうと、虫歯や歯周病のリスクが高くなり、結果体調が悪くなるというケースも。

幼少のころから「歯磨きしなさいよ!」と習慣づけられてきましたが、

なんとほとんどの人が「絶対やってはいけない歯の磨き方」をしているそう。

それってかなりこわくないですか…

多くの人が行っている歯の磨き方は、専門の歯科医が見ると間違いだらけだそう。

このまま間違った磨き方をしていると、

大切な歯にダメージを与えるばかりか汚れも落ちないということになりかねません。

歯は第一印象を左右してもいいというほど、

人の印象に深くかかわってきますよね。

では、どのような歯の磨き方が一番正しいのでしょうか…。

歯ブラシの使い方

1・最初に歯ブラシを水に濡らしていませんか

歯ブラシを水にぬらす

歯磨き開始!って時に、最初に歯ブラシを水にぬらしてからやってる方、多いのではないでしょうか。

まずは、ここが間違いだそう。

なんか歯磨き剤が泡立ちやすいしいいんじゃないかと思う方もいると思いますが、

歯ブラシを先に水に濡らしてしまうと歯磨き剤の泡立ちが早くなってしまい、

せっかくの歯磨き剤の成分が歯に作用する前に流れてしまうそう。

そう、良かれと思ったことが完全に効果が真逆のことをしてたのです…

歯ブラシは水に濡らさずに使いましょう。

 

2・歯磨き粉はた~っぷりつけていませんか

たっぷり歯磨き粉

歯磨き粉のCMのように、歯磨き粉をたっぷり付けてる方、いませんか?

実は大量につけてしまうと磨き残しの原因となるそう。

研磨剤を多く使用することにもなるので、歯のエナメル質を傷つけてしまいます。

歯磨き粉は歯ブラシの3分の1から4分の1程度で十分だそう。

少な目歯磨き粉

なんだか意外ですね。

今まで歯磨き粉を沢山つけて磨いた気になってしまっていたのでしょうか…。

 

正しい磨き方

プロが教える正しい磨き方の動画はこちら。

力を入れた過剰なブラッシングは歯のエナメル質を傷つけたり、

歯茎を擦り減らしたりしてしまいます。

あまりゴシゴシと磨かないでくださいね!

歯に対して、直角か45度の角度で歯にブラシを優しく当てましょう。

また磨き終わったら、口をゆすぐのは軽く1回だけでいいそう。

口をしっかりゆすいでしまうと、歯磨き剤に含まれている有効成分まで洗い流してしまうことになるそうです!

口の中の歯磨き剤が完全になくなるまでゆすいではいけません。

 

いかがでしたでしょうか。

何気なくやっていたことがダメなことばかりだったっていうことは

結構あるんですね…。

ぜひ正しい磨き方にチャレンジしてくださいね!

関連記事

【社会人へ朗報】即効性あるストレスの減らし方7選

おすすめの記事