のんが7年ぶり橋本愛と共演…地上波テレビに復帰できるの??

のん、東京国際映画祭でも“地上波TVスルー”に芸能界でも異論噴出!

女優で創作あーちすとののん(本名・能年玲奈=27)と俳優の林遣都(29)が共演する12月18日公開の映画『私をくいとめて』に、橋本愛(24)が出演することが明らかになりました。

2人が共演を果たすのは、2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』以来、7年ぶり。

のんは橋本と共演することに対し、「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった!」とコメント。

『私をくいとめて』

映画『私をくいとめて』は、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏(36)の同名小説が原作。

のんは独身生活が板についてきた31歳のおひとりさまのヒロイン・みつ子を、橋本はみつ子の親友を演じることになるそう。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

テレビ業界の忖度に疑問の声も

のんと橋本の久々の共演に

「これはあまちゃんファンからしても嬉しい共演であり、ニュースですね! しかも、また親友同士の役柄なので、あまちゃんのときみたいな息の合った、お2人の演技が本当に楽しみです」
「久しぶりの共演でも、心の会話にて演技ができる安心感。言葉はいらない。12月18日見に行きたいと思います」

といった、期待の声が多数寄せられています。

一方で、

「もう7年か……。のんのこと、いい加減忖度せず地上波でも起用してあげなよ。地上波ドラマに出てないのにこれだけ需要があるってやっぱりすごい女優なんだよ」
「前の事務所で揉めた後、テレビ番組に一切出られなくなった。一方、本人はCMやAmazonの番組、映画などで大活躍。テレビ業界って事務所の圧力や忖度多過ぎて腐りかけてないか……」

と、のんが地上波の番組に出られていないことに疑問の声も上がっているのです。

『あまちゃん』のヒロインを務め、一躍国民的女優となったのん。

当時は、本名の能年玲奈で活動していましたが、2015年1月に所属事務所に無断で個人事務所を設立したことで、事務所独立騒動が巻き起こったのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

文春と前事務所の裁判が決着

2015年4月発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、当時の所属事務所がのんにパワハラをしたとする記事を掲載。

この記事が名誉棄損にあたると、所属事務所側が当時の編集長と発行元の文藝春秋に損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴したのです。

2019年4月の1審では、「事務所と対立関係にあるのんさんの発言のみに基づいており、事務所側に確認していない」と計660万円の賠償を命令。

同年9月の2審議判決では「記事の一部は真実性が認められる」として減額しました。

そして今年10月6日に、最高裁第3小法廷は文春側の上告を受理しない決定をし、計440万円の支払いを命じた判決が確定しています。

「裁判が一区切りしたこともあり、のんも心機一転、今後もどんどん新たな仕事に取り組んでいくことになるのではないでしょうか。そういった意味で、12月公開の新作映画は彼女にとっても最高のプロモーションの舞台になるのではないでしょうか」(女性誌記者)

映画『私をくいとめて』は、10月31日より開催される「第33回 東京国際映画祭」のコンペティション部門にもノミネートされています。

https://twitter.com/anonoppopinchi/status/1323920957065449472

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

地上波メディアでの宣伝はゼロ!?

芸能プロ関係者は、

「『あまちゃん』で共演した橋本も出演するとあって、映画の話題性は抜群。にもかかわらず、映画の宣伝のために、テレビに出演することが難しそうなんです。映画自体は各界のクリエイターからの評価も高く、のんと橋本、そして林のファンも多いだけに、地上波でのプロモーションができれば大ヒットする可能性は高そうなんですが……。それでも、現時点では地上波メディアでのプロモーションは決まっていないといいます。
この状況に、いくら、のんと以前の所属事務所との間にトラブルがあったにしても、“さすがにここまで徹底的に無視するのはおかしいのではないか”といった声が、芸能界の関係者の間からも上がっていますね」

と話し、こう続けます。

「のんの出演作に地上波テレビの取材が入らないのは、テレビ局サイドの“少しでも面倒なことはさけたい”という忖度でしょうね。
ただ、2016年にジャニーズ事務所を辞め、その後、地上波での活躍がめっきりなくなった新しい地図の3人、稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)の3人も徐々にですが、ドラマなど地上波出演が増えつつあります。NHK朝ドラ『あまちゃん』で一躍国民的ヒロインになったのん。彼女が、誰もが見られる地上波テレビで躍動する姿を、早く見たいですね」

地上波ドラマに出演するのんの姿を見たい。そんな願いが叶う日は来るのでしょうか。

おすすめの記事