人気ドラマ『下町ロケット』次シリーズが放送!!

主演の阿部寛らに続きあのイモトアヤコが出演!?

意外すぎる演技力に視聴者騒然w w w w「上手すぎる!!」

 

 

 

人気ドラマ『下町ロケット』が3年ぶりに放送される!!

下町ロケット

<出典:NEWS まとめもりー>

 

小説家・池井戸潤氏による原作小説『下町ロケット』のドラマ版が

2015年10月以来、3年ぶりの今月14日に放送されました。

 

主人公の佃公平役を務めるのはおなじみ、俳優の阿部寛さん(54)。

加えて人気若手俳優の竹内涼真さん(25)も立花洋介役で出演しています。

 

同作は町工場の「佃製作所」の社員たちが様々な苦難や困難を前に

熱く燃えて立ち向かうという展開が話題を呼び人気ドラマとなりました。

 

前作の続きとなる今週の第1話では「佃製作所」の純国産ロケット開発計画に伴い発生する

部品提供企業の業績悪化やそれに付随する事業撤退の可能性。

そして取引先である農機具メーカーからの取引縮小など、多くの困難に直面。

 

「佃製作所」はそんな状況でトランスミッションへの挑戦によって

同じくトランスミッションを手がけるベンチャー企業「ギアゴースト」のコンペにて「大森バルブ」と対決することになります。

 

阿部寛さんの熱のある演技に今回も見所満載で視聴者からは概ね好評価だったようです。

 

主演・阿部寛、竹内涼真に並び芸人のイモトアヤコが出演!!

下町ロケット

<出典:NEWS まとめもりー>

 

番組ではおなじみの俳優陣に続き新たに芸人のイモトアヤコさん(32)が出演。

 

イモトさんの役はとある事情により「帝国重工」を退社した天才技術者。

ベンチャー企業「ギアゴースト」の副社長であり、かなり難しい役どころでした。

 

放送終盤ではコンペにて「佃製作所」と「大森バルブ」の争いで

それぞれが色々な考えにより部品を製作していたことを知ります。

 

イモトさん演じる島津裕は「佃製作所」の、思いを汲み取った製作に感激。

 

「私たちのため、ユーザーのために作られたものです。何より、この強度がすごい」

 

「私には、こんな設計、思い付かなかった」

 

と、最後には涙を流します。

 

このイモトさんの演技には視聴者も驚きを隠せず。

 

「イモトって演技もできるんだ…」

「意外にイモトアヤコの演技が上手くてびっくりした」

 

と好評の声が続出。

 

 

下町ロケット初回放送も好調のスタートを切り、幸先が良い感じです。

今後の展開に期待ですね。

 

ネットの反応

イッテQからの流れを狙ってイモト起用したんかなぁ

 

次から次へとくせ者出てきて面白いな

 

イモトは確かに本物の技術者って
こんな小汚い感じかなという感じではあったけど

 

面白いドラマなのに、なんかなぁ違和感がなぁ。

 

 

 

人気を博したテレビドラマ・下町ロケットが3年ぶりの放送ですね。

阿部寛さんなどおなじみの顔に加えて、今度はなんと芸人のイモトアヤコさんまで出演しました。

結構難しい役どころなため賛否両論あるようですねw

涙を流すという難しめな演技もこなしているので心配はなさそうですが……。

おすすめの記事