音楽家モーツァルトの史実から着想を得て描かれた物語。

上流階級プラハでの三角関係ラブストーリー。

監督を務めるのは『ジム・ヘンソンの不思議の国の物語』などのジョン・スティーブンソン。

 

 

 

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』:作品情報

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

<出典:cinemarche>

 

有名音楽家モーツァルトがプラハにて

「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという、

史実のエピソードから着想を得て映画化した『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

モーツァルトがプラハの名士からの招待で、

「フィガロの結婚」のリハーサルに加え新作オペラの作曲に励んでいる中で、

若手のオペラ歌手との関係を描いたラブストーリー。

 

名曲の裏にあったかもしれないエピソードを見事に映像化しています。

 

監督を務めるのは『ジム・ヘンソンの不思議の国の物語』などに携わった

ジョン・スティーブンソン。

 

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画

 

主演を務めるのは『ダンケルク』などのアナイリン・バーナードと

『高慢と偏見とゾンビ』などのモーフィッド・クラーク、

『ソロモン・ケーン』などのジェームズ・ピュアフォイ。

 

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』スタッフ&キャスト情報

・映画公開日:2017年12月2日

・監督:ジョン・スティーブンソン

・脚本:ジョン・スティーブンソン

・原題:『Interlude in Prague』

・出演者:アナイリン・バーナード/モーフィッド・クラーク/ジェームズ・ピュアフォイ/サマンサ・バークス/デブラ・カーワン

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』:あらすじ

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

<出典:cinemarche>

 

舞台は1878年。

音楽家のモーツァルトはオペラ「フィガロの結婚」での楽曲を担当し

それがプラハ(チェコの首都)で話題になります。

楽曲を作り上げたモーツァルトにも関心が高まり

上流階級の名士から新作の依頼を持ちかけられるモーツァルト。

 

プラハの地にやってきた彼は現地で「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢されていた

若手オペラ歌手のスザンナと出会います。

 

スザンナの歌のうまさと持ち前の美貌にモーツァルトはすぐに魅了され惹かれていきます。

一方でスザンナの方もモーツァルトが妻帯者という事実を知りながら惹かれていきます。

しかしそんな惹かれ合う2人の前に猟色家と噂されているサロカ男爵が現れ……。

 

 

 

有名音楽家モーツァルトの史実から着想を得て描かれた本作のストーリーは

史実を忠実に描写し全体的に高貴な雰囲気の作品へと仕立て上げています。

おすすめの記事