【警告】プロテインの副作用がヤバすぎ!!その危険な理由がこちら…。

プロテイン

手軽にタンパク質をとれるプロテイン。ダイエット目的で飲む方も増えてきたようです。

しかし、副作用がヤバすぎると話題に…!!

その信じられない危険性がこちら。

 

 

スポンサーリンク

プロテインのヤバすぎる副作用がこちら

プロテインを作る男性

タンパク質を多く含むプロテイン。

筋トレのために摂取する方は勿論、ダイエット目的で摂取している方も多いのではないでしょうか。

しかし、このプロテイン。摂取しすぎるととんでもない副作用があると言われているのです。

プロテインを飲む前にしっかりと知っておきたい、その危険性とはどんなものなのでしょうか。

 

手軽な大量摂取の知られざる危険性とは?!

プロテインは栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓に負担がかかると言われております。

肉や魚など、自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」。

これは大事な腎臓を悪化させる危険性があるようです。

 

タンパク質は筋肉は勿論、血液等もつくるかなり重要な栄養素。

しかし、資質や糖質などとは異なり、分解するまでに毒素を排出するようです。

私たちはその毒素を排泄し、健康を保っています。

 

しかしプロテインの「つくられたタンパク質」で腎臓の機能がパンクしてしまい、ダメになってしまうと毒素が排出できなくなり「尿毒症」となるようです。

尿毒症は最悪の場合、死に至るかなり危険な病。

腎臓が機能しないということが、いかに怖いことかがわかりますね。

(参考:牧田善二『医者が教える食事術 最強の教科書』)

 

また、実際にプロテインを大量に摂取して死に至った女性がいたことが判明しました。

スポンサーリンク

ボディービルダーの女性がプロテインで死亡

ボディービルダー

オーストラリアのミーガン・へフォードさん。

女性はなんとプロテインの過剰摂取で死亡したと報じられています。

ミーガンさんはボディービルダーであり、大会への出場のために大量にプロテインを摂取したようです。

 

ミーガンさんは今年6月19日、西オーストラリア州パースのアパートで意識を失って倒れているところを発見され、病院に搬送されました。

救急医が、ミーガンさんの家族に脳死状態だと宣告した三日後、7歳の娘と5歳の息子を残し死亡。

 

医師によると「たんぱく質の分解機能に障害がある遺伝性疾患だった可能性が高い」と指摘し、

遺族とともに栄養補助食品メーカーに、規制の必要性を訴えているようです。

 

ミーガンさん本人は自覚がなかったようですが、彼女は8000人にひとりという割合で発症する遺伝性疾患を患っていた様子。

その遺伝とは、たんぱく質を過剰に摂取すると、体内で分解しきれずに、血液中のアンモニア濃度が高まって、脳浮腫を引き起こすというものでした。

プロテインによって死亡者も出てしまったのですね。

スポンサーリンク

ネットからの声

確かに糖質制限してプロテイン飲みまくってたら腎臓悪くしたわ

単に多量摂取が問題なんだろ 人工的云々はおかしい

単純にプロテインが悪いって話じゃなくてバランスを欠いた食事が悪いだけ

何でも摂り過ぎはよくないってだけの話

なるほどちょっと控えめに飲むわ高いし
うまいことできてておいしいからたくさん飲んじゃうんだよね

大量なのが問題であって人工かどうか関係ないやん

結局取り過ぎが駄目なだけで
人工物は過剰摂取になりやすいってだけじゃねーか

 

あくまでもプロテインが悪いわけではなく、『過剰摂取』が良くないそうです。

毎日大量に摂取している方は気を付けてくださいね。

よかったらいいね・シェアお願いします!