ものまねメイクタレント・ざわちんの常識はずれぶりが深刻だと話題に…

ものまねメイクで知られるざわちんの「常識はずれぶり」が深刻だと話題に。

SNSでは他人の画像を自分のもののようにUPしたり、本業のメイクでも危険なことをしているそう。

驚きの内容がこちら。

 

 

 

スポンサーリンク

ざわちんが他人のSNS写真を無断で自分のものに

ざわちん

 

ものまねメイクで有名なざわちんが、「常識はずれ」だと話題になっています。

メイクで女性芸能人のみならず、男性芸能人の真似もしてしまう整形技術並みのテクニックを持つざわちんさん。

そんな彼女が、自分のアフィリエイトブログに、一般人が撮影した東京ディズニーシーの写真を「無断転載防止」のクレジットを消してアップしたというのです。

 

画像だけではありません、「雨上がりのディズニーシーは最高」という文言まで、撮影元の一般人と同一だったそうなんです。

ブログに載せるネタが無くて、苦し紛れにやってしまったのでしょうか。

このように、他人が撮影した画像をさも自分のものであるかのように「喧伝する」という意図でダウンロードした場合は複製権(著作権法21条)の侵害になるそう。

また、Twitterのサーバーにアップした時点で複製権侵害と公衆送信(送信可能化)権(著作権法23条1項)の侵害にあたる可能性が高いといいます。

 

法に触れてまで注目を集めたかったのでしょうか…。

また、人としてどうなの?という発言にも疑問の声が上がっているのです。

 

スポンサーリンク

 

人としての常識にも欠けるとの声も


※自身でアップした素顔の加工がヒドいとも噂になっているざわちんさん(右が加工無し)

また、沖縄に修学旅行に行くというフォロワーから『行った方がいい場所はあるか』と聞かれたざわちんさん。

ざわちんさんは『ひめゆりの塔。笑』と回答。

ひめゆりの塔は、太平洋戦争の沖縄戦を物語る慰霊塔であり、13~19歳までの前途ある少女たちが、負傷した兵士を看護するために戦地に赴き、その多くが米軍の攻撃で死亡、もしくは追いつめられて自決した場所。

そんな場所について「笑」とつける神経がわかりません…。しかも、その後に『気持ちはよくないけど色々考えさせられる場所だった!笑』と回答。

気持ちはよくないって…どんなメンタルしてるんでしょうね。

 

 

また、本業であるものまねメークにも「危険すぎる」との声が上がっています。

関係者はざわちんのメイクについてこのように語っております。

「ものまねメークのテクニックを素人にレクチャーしていますが、本来なら推奨できないような、目の粘膜に唇用のリップを塗るといったことを教えていますし、

6月にオンエアーされた『UWASAのネタ』(日本テレビ系)では、一重の芸人であるザブングル・加藤歩を二重にするため、まぶたにヘアピンを刺すように押し込むなど、かなり危険な行為をしています」

顔に危害を加えてまで、ものまねええメイクレクチャーしてほしくないですね…。

スポンサーリンク

ざわちんのものまねメイクは素直に感心しますが、内面はいかがなものかと思います。

ファンのためにも改心していってほしいですよね…。

よかったらいいね・シェアお願いします!