【やっぱすごい】新垣結衣をざわちんが完全再現?!ものまねメイクの原点とは

ものまねメイクの完成度が毎回本人に似すぎている

人気タレントのざわちんが、大人気ドラマ「逃げ恥」主演の新垣結衣さん

に挑戦!!果たして結果は・・・?

スポンサーリンク

新垣結衣さんご本人?!

ざわちんの新垣結衣さん風メイクはこちら。

どう見ても新垣結衣さんですよね!

ブログ書き込みにも、

「すごすぎーる(*´╰╯`๓)♬ つぎはぜひ星野源さんも!」

「スゴすぎる❗ガッキーにしか見えない。」

「めっちゃ似てる!!!さすがざわちんーーー♡」

などなど、絶賛の声が殺到しています。

ざわちんって一体何者?

他にどんなものまねメイクしてるの?

ざわちんの衝撃デビューは2011年のフジテレビの

『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』

で、元AKB48板野友美さんのまねをし、“ものまねAKB”として

テレビに出たことから始まります。

板野友美さんのものまねメイクをしたざわちんがこちら。

どう見ても板野友美さんにしか見えないということで、瞬く間に

世の中に知られるようになりました。

その後も、ざわちん公式ブログで数々のものまねメイクを披露しています。

例えば、「逃げ恥」と同時期に放送されている日本テレビの

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の

主演女優である石原さとみさん。

むむ、これも石原さとみさんにしか見えないですね・・・。

女性だけではなく、男性メイクもされているようで、例えば

ゴールデンボンバーのボーカルである鬼龍院翔さん。

ジェンダーを超えた自然なメイクに驚きを隠せませんね。

メイク術で周りに感動を与え続けるざわちんですが、どうやら幼少期

から周りに影響を与えている人物ではないようです・・・。

スポンサーリンク
 

姉との死別・・・、いじめ・・・、壮絶半生。

実は日本とフィリピンのハーフであるざわちんは、幼少期をフィリピンで過ごし、

日本で生活を始めたのは小学生から。

フィリピンで過ごしたことで肌が黒くなり、それが原因で

「ガングロ」「ヤマンバ」「ゴキブリ」と呼ばれたこともあるそうです。

さらに、日本語が不慣れのために、いじめを受けていたのにそれを

教師に説明ができないという、大変な毎日を送っていたそうです。

いじめと向き合うことで、ざわちんの才能開花

「ある日、ファンデーションを試しにやったら、自分のコンプレックスだった肌の黒さがなくなった」

「メイクでコンプレックス解消できるんだと思って小学校3年生のころからメイクは1人で初めてました」

ものまねメイクの原点は実はここからだったんですね。

 

自分自身が普段何気なくやっている行動が、いつの間にか自分の武器になっている

こともあるので、行動し続けることが大事なんですね。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!