『マンガで分かる心療内科』著者の精神科医ゆうきゆうが10代女性患者に不誠実な肉体関係を迫っていた

ゆうきゆう

「マンガで分かる心療内科」等の著者で精神科医のゆうきゆうさん。

なんと10代女性患者の不誠実な肉体関係を迫っていたようです。

その驚くべき内容がこちら。

 

 

スポンサーリンク

カリスマ精神科医が10代女性患者と肉体関係

ゆうきゆう

「マンガで分かる心療内科」等の著者で有名な東大医学部出身のカリスマ精神科医・ゆうきゆう氏(本名・安田雄一郎・42)。

なんと自らが経営する「ゆうメンタルクリニック」の10代女性患者と不誠実な肉体関係を持ち、女性が自殺未遂をするまで追い詰められていたことが「週刊文春」の取材で判明しました。

一体どういうことなのでしょうか?!

 

 

ゆうき氏は都内でメンタルクリニック6カ所、脱毛・皮膚科クリニック2カ所を経営し、心理学関係の著作は70冊以上も。

原作を手掛けた「マンガで分かる心療内科」(全15巻)はとても分かりやすく、絵柄も可愛いもので、若い世代を中心に支持されています。

 

マンガで分かる

 

シリーズはなんと累計300万部を超えるベストセラー。

Twitterのフォロワーも若い世代から多くフォローされており、一定のファンがいるようです。

ゆうき氏はイベントも随時開催しており、ゆうき氏に憧れていた10代女性のA子さんはそこに参加したそうです。

A子さんはもともと摂食障害に悩んでいたこともあり、イベントを通じてゆうき氏とメールのやり取りをするようになったのです。

 

そして、A子さんの誕生日、なんとゆうき氏に自宅へ招かれ初めて関係を持ったそう。

A子さんはゆうき氏のファンだったようなので、ゆうき氏と交際が出来て嬉しかったのではないでしょうか。

しかし、A子さんはゆうき氏の「恋人」ではなくただの「都合のいい女」だったようです。

 

A子さんは週刊文春の取材にこう答えております。

「私は体が弱いのですが、先生を尊敬していたこともあって頑張って応えていました。私が精神的なトラブルを抱えていて、ゆうメンタルクリニックで抗精神病薬を処方されたことを伝えたりもしました。

しかし、先生は『ピルはすぐに処方できる』とか言って、避妊してくれないことも多かった

これは酷いですね…。自身の性欲を満たすためだけに、自分のクリニックの患者を利用していたってことですから…。

A子さんはその後、また災難に見舞われてしまいます。

スポンサーリンク

自殺未遂までしたA子さん

恋人だと思っていたらただの都合のいい女だったA子さん。

落胆しているところに追い打ちをかけるように、なんとゆうき氏と交際しているという別の女性からの連絡がきたそう。

A子さんの精神状態は悪化。体重は激減し、高校も中退。リストカットなど自殺未遂を繰り返すようになったそうです。

いや~これが真実だとしたら、ゆうき氏はかなりゲスなチャラ男だったということですね…。

 

このニュースに対してネットでは「精神科医で患者に手出しって最悪」「この人のマンガが下ネタ多いから気持ち悪く見えてきた」との声が。

ゆうき氏のマンガには下ネタが多いといわれておりますので、今回の件でドン引きした読者も多いのではないでしょうか。

下ネタで売ってた人が性的なスキャンダル取られたら引いちゃいますよね…。

スポンサーリンク

ネットからの声

うわ、まじか
このメンタルクリニックいったわ

精神を病んでる人につけ込んだ精神科医

42歳で10代の患者引っ掛けて避妊も適当、自殺未遂まで追い込むってやべぇ奴

心療内科探してた時に漫画みたいなの目にした事あったわ
先生自身が精神病んでそう

マンガ化されてる本はそこそこ売れてるよね
出版社と漫画家さんと読者に迷惑かけるなよ

患者に手出して追い込むとか、医者のクズ。精神科って、一番儲かるらしいよ。医療ミスはないし、技術も特にいらないし。薬の処方だけ。

患者に手を出したら自殺未遂しそうな事くらい分からなかったの?精神科医なのにアホなの?

報道が本当だとしたら何股もかけてるし相当なクズ
患者がアレでこんなことになってるとしたら気の毒

よかったらいいね・シェアお願いします!